債務整理中に借金することは可能?

債務整理の手続きを進めている、借金返済の途中でお金に困って借金したいと思う人もいるでしょう。このような状況でお金を借りることは果たして可能でしょうか?

債務整理の手続きをしていく中で、お金に困って借金したいと思う人もいるでしょう。任意整理であれば、早いと1週間前後で手続きは完了します。しかしその他の個人再生や特定調停、自己破産は裁判所を介して手続きを進めるのでどうしても時間がかかります。場合によっては、数か月単位で時間が必要になることもあり得ます。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

これだけの期間債務整理の手続きをしていると、借金したくなることもあるでしょう。しかし特に貸金業者などから借金することは自粛した方が良いです。個人情報保護が厳しいのでばれないという意見もありますが、もし債務整理中に借り入れしたことが明るみに出ると債務整理の手続きそのものに支障をきたす恐れがあるからです。

例えば任意整理という債務整理の方法がありますが、こちらは債務者側と債権者側が交渉して、無理なく返済できる計画を立てていきます。もしこの任意整理の途中で新たに債務者が借金したことが分かれば、債権者側としてみれば任意整理に応じる必要性がなくなります。任意整理では金利ゼロになることが多いです。ところが新しく借り入れたところには利息を支払うので、なぜ任意整理に応じなければならないのかという話になります。

自己破産の手続きをしている場合も支障が出ます。もし自己破産手続き中に借り入れしたことが分かると、免責許可が出ません。すなわち借金をチャラにすることができなくなってしまうのです。このようにデメリットばかりなので、債務整理中は借金をしないことが賢明です。

コメントは受け付けていません。