任意整理とCICの関係

任意整理するとブラックリストに情報が登録されてしまうと言いますが、具体的には、信用情報機関の一つであるJICCに事故情報として登録されることを意味します。(他の信用情報機関であるCICやKSCには登録されません。)

ただし、3つの機関はそれぞれ情報を共有しているため、消費者金融、銀行のカードローン、自動車ローン、住宅ローンなどいかなる形の借入れを行なおうとしても、金融機関が信用情報機関に情報を照会した際、分かるようになっているため、約5年間は新たな借入が出来なくなってしまいます。

もちろん、クレジットカードを作ることも出来ません。

任意整理をするとクレジットカードが作れない?

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

任意整理とCICの関係について

ここではCICについて解説をしていきます。

CICの正式名称は、株式会社シー・アイ・シーです。JICCが消費者金融系、KSCが銀行系であるのに対して、CICは信販系となります。

任意整理をすると、ブラックリストに登録される、すなわち信用情報機関に名前が登録されるということになりますが、基本的には、JICCに登録されるだけです。

ですから、任意整理をした後、CICで情報開示を依頼しても、事故情報は記録されていません。

それでも、クレジットカードを作れない理由

「じゃあ、任意整理をした後でも、信販系のカードなら作れるの?」という質問を頂く方がいらしゃるかもしれませんが、残念ながら、JICCで登録された事故情報がなくならない限り、信販系のカードも作ることは出来ません。

その理由は、CIC、JICC、KSCの間では、事故情報を相互に利用出来るシステムを持っているからです。

JICC、CIC、KSCの違いと事故情報の共有システムについて

ですから、任意整理をして、約5年間が過ぎた後、カードを作れるか、信用情報機関に情報の開示を求める場合は、基本的にJICCを調べるのが良いでしょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

任意整理を行なうと、事故情報は登録されてしまいますが、逆に借金の返済額が減り、生活が楽になるというメリットがありますので、詳しくは法律の専門家に相談をしてみて下さい。

コメントは受け付けていません。