任意整理とは

債務整理=自己破産というイメージを持っている方も多いですが、任意整理という方法でもっと簡単に借金問題を解決することが可能です。

任意整理の特徴

任意整理は、債務整理の中でも、一番無理がなく、社会的制約も受けづらい特徴を持っているので、ある程度の返済能力がある方には、是非オススメしたい方法です。

任意整理を簡単に説明すると、弁護士や司法書士が債務者(自分)の代わりに、債権者(消費者金融などの貸金業者)に交渉していきながら、特定の債権者と借金の整理を行っていく手続きとなります。

任意整理の簡単な手続きの流れ

弁護士や司法書士が任意整理の依頼を受けると、受任通知を貸金業者へ送付することによって、まず取り立てがストップします。

消費者金融からの多重債務などで苦しんでいる人は、催促の連絡など、取り立てに苦しんでいたり、いつ給与を差し押さえられるかなど不安を感じていたりする人が多いので、そういったストレスからはすぐに解放されます。

その後、取引履歴を取り寄せて、引き直し計算を行ない、払いすぎていた(上限金利を越えた払っていた)利息があれば、過払い金として、その分を元々の借金から減額をしていきます。

さらに将来利息も原則としてカットした上で、月々の返済額をグッと減らし、基本的には3年、長くても5年の返済計画を立てた上で、債権者との和解をしていくようになります。

任意整理の手続きの流れに関してはこちらにも詳しくまとめてあるのでご参考にして下さい。

任意整理の手続きの流れ

他の方法と比べた場合のメリット

任意整理は、原則として、法律の専門家である弁護士や司法書士を介して、行なうようになります。

似たような手続きとして、特定調停という手続きがありますが、こちらは、費用が安くなる反面、簡易裁判所を通さなければならなくなります。

また引き直し計算をして、過払い金が発生していたとしても、債権者に対してその分の返還請求を行なうことが出来ないというデメリットもあります。

さらに調停員を通じて、合意をした調停調書は、法的拘束力を持ちますので、返済計画通りにお金を返せなくなった場合、給与や財産が差し押さえを受けるな、簡単に強制執行がされてしまいます。

その点、任意整理は、裁判所を通さないで行なうため、手続きも簡単に進めていくことが出来ます。

裁判所は介さないため、万が一、返済計画通りに、返せなくても、再和解をするなど、比較的に柔軟に対応をしていくことが可能です。

また、個人再生(民事再生)や自己破産の場合は、債権者平等の観点から、すべての債務を整理しなければなりません。

連帯保証人がいる債務であれば、精算をした段階で連帯保証人へ取り立てがいくようになり、迷惑が掛かってしまいます。

住宅ローンや自動車ローンが残っている場合は、家や車を失うことに繋がってしまいます。(ただし個人再生では、住宅ローンは債務整理の対象から除外ををすることが可能です)

しかし、任意整理であれば、債権者を選ぶことが可能であるため、自分にとって不都合なものは除外をすることが可能となってくるのです。

もちろん、任意整理自体は、債務整理の手続きに含まれるため、約5年間は、信用情報機関に事故情報が登録される(ブラックリストに登録されてしまう)ようになりますが、デメリットを強いて上げるならばそれくらいです。

まとめ

任意整理は以下のような方にオススメです。

●借金の返済はこれからも続けていきたい
●3年~5年で残った借金を返済することが出来る収入が確保できる
●借入期間が長い(過払い金が多く発生している可能性があるため)
●利息が高くて、なかなか元本が減らずに悩んでいる
●自己破産だけは何とか避けたい
●連帯保証人が付いている借金がある
●住宅ローンや自動車ローンがあり、家や車は手離したくない

自己破産を検討している人の中にも実は任整理で借金問題を解決できる人もいるので、法律の専門家へ気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。