任意整理の手続きの流れ

任意整理を進めていこうとした場合、具体的にはどのような手続きとなるのか説明をしていきます。

任意整理の具体的な流れ

司法書士や弁護士に相談

任意整理は、弁護士や司法書士を通じて行なうというのが原則となります。

債務整理に関しては、無料で相談が出来る法律事務所も多いですので、そういったところへ気軽に相談してみましょう。

受任通知

弁護士や司法書士に相談をして、正式に依頼をすることになった場合は、委任契約を結び、ここで着手金が発生します。

依頼を受けた弁護士や司法書士は、債権者に対して、すぐに受任通知を発送します。

これは「今後は、私(弁護士や司法書士)が、債務者(あなた)の代理人になって債務整理を行なっていきますよ」という旨を伝える通知です。

別名、弁護士介入通知とか際う整理開始通知とも呼ばれます。

受任通知が送付されると、債権者からの債務者への借金の取り立てがストップします。

債権者からの取り立てに悩んでいた人は、ここでそのような苦しみから一旦解放されることになります。

債務調査

その後、借金の整理を始めていきます。

債権者に対して、受任通知を行う際、同時に債務者の取引履歴を取り寄せるようになります。

その内容を利息制限法と照らし合わせながら、引き直し計算を行ない、本来支払うべき借金の金額を再計算していきます。

もし、利息制限法より高い金利で利息を払っていた場合は、過払い金が発生しますので、その分は、現在の債務から減額する手続きを行なっていく場合もあります。

取引期間が長いと、より多くの過払金が発生する確率が高くなりますし、場合によっては、過払い金が現在の残債務を上回ることもあります。

逆に、借金を減額したとしても、債務者が返済をしていくことが難しいと判断した場合は、個人再生や自己破産に切り替えて手続きを進めていくようになります。

債務者との交渉

次に引き直し計算を行った内容をもとに、債権者と借金の減額交渉や返済計画に関して交渉をしていきます。

任意整理で行う際、交渉していく内容は基本的に3つです。
●過払い金があれば、その分を債務額から差し引く
●将来利息をカット
●返済期間は基本的には3年、長くても5年

すぐに和解が成立する場合もありますが、債権者が渋った場合は、訴訟に発展する場合もあります。

将来利息のカットを拒んだり、一括返済を要求するなど、理由は様々ですが、最初から任意整理に応じようとした貸金業者もあります。

任意整理に応じない会社、具体的にどんな業者が厳しい?

ですから、その場合は、担当の弁護士や司法書士と相談をして、対応を協議していきましょう。

新しいプランでの返済スタート

最終的に和解することになれば、債権者と和解契約書を締結するようになります。

ここまでに掛かる期間は、債権者の対応によっても違ってくるところもありますが、大体3~6ヶ月です。

和解成立後は、新しい返済プランに基づいて、借金の返済を開始していきます。

せっかく借金が減ったのに、ここで滞納したら、今度は、残金を一括で支払うよう請求されることもありますので、しっかり真面目に払い続けるようにしていきましょう。

任意整理は、貸金業者の特徴によって、ベストな交渉の進め方が変わって来ますので、必ず債務整理に強い事務所に相談をしていくようにしましょう。

コメントは受け付けていません。