住民税を滞納していたら給料差し押さえされた

住民税を滞納していたら給料を差し押さえられることがあります。

そうなると、会社の人にも借金がバレちゃうし、かなり恥ずかしいことになります。

実は、税金の滞納は普通の借金と違うので、かなりやっかいです。

不安定な収入から借金をするように

私は、色んなところから借金していて、モビットやら、ノーローンやら、どこから借りているのがわからないくらいお金を借りていました。

完全歩合給の会社で営業していたので、給料が多い月と、少ない月との差が大きいんです。

給料が多い月には、後輩を連れてキャバクラでどんちゃん騒する始末で、逆に少ない時は、社会保険料とか厚生年金保険とか引かれて、手取り10万円もない時がありました。

そういった生活苦の時に、消費者金融とかで借り入れしまくっていました。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

遂に給料差し押さえ

勤めていた会社はブラック企業ではありませんが、住民税を自分で納付する普通徴収で申告していたので、年に1回、住民税の請求が、直接自分宛てに来ていました

まとめて50万円近い税金を請求されるので、毎年、5月くらいが憂鬱で、、。

この時期は、市役所にいって、分割納付のお願いに行くのが毎年と恒例行事になっていました。

毎月5000円ずつ払っていたんですが、役所のほうも堪忍袋の緒が切れたのか、3年目でとうとう給料差し押さえ!!

それまで、何度も全額納付するように催促されたり、納付金額を増やすように言われていました。

いつも適当にごまかしたり、電話無視していたりしていたので、キレたみたいです。

給料の差し押さえって、全額持って行かれるのかと思っていました。

でも、実際は、生活できなくなると困るので手取りの1/4って決まっている(所得が多い人はもっと持っていかれる)そうです。

それよりも税金滞納して、給料を差し押さえされたって事実が会社の皆に知られれた事がとても恥ずかしかったです。

税金は債務整理の対象外

結局、今までサラ金でキャッシングしていた借金の返済も厳しくて、任意整理しようと弁護士事務所に相談しました。

給料差し押さえされている場合は、任意整理は無理で、民事再生か自己破産するしか方法がない事を教えてもらいました。

結局、自己破産して借金はチャラに出来たのですが、税金は債務整理の対象外なので、今でも給料から差し押さえされ続けています。

給料差し押さえされる危機感を感じている方は、早めに任意整理してるほうが良いと思います。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

住民税を滞納して給料を差し押さえられた方の借金地獄ブログからのご紹介ですが、滞納がひどい場合は、銀行の預金口座を全額差し押さえされる可能性もあるので、税金だけはきっちり納めましょう。

コメントは受け付けていません。