債務整理をしても学資保険を守ることは可能なのか?

債務整理をすると学資保険は守ることが出来るのかよく聞かれます。

借金が返済不能になってしまうのは自分の責任であると痛感している方ほど出来るだけ周りの迷惑にならないよう債務整理をしたいと強く思われます。

特に、自分の大切な子供達にその影響が及ばないようにしたいと考えるのは親として当たり前のことです。

学資保険は子供の将来のためにコツコツと積み立ててきたものです。

しかし債務整理で学資保険を解約せざるを得ない状況になってしまったら、それこそ子供の未来を台無しにしてしまいます。

実は、債務整理をした場合、どの種類の手続きを行なうかによって、学資保険を守れるか、その対応は異なって来ます

ここでは概略を書いていきますが、より詳しいお話は、こちらの無料サービスを通じて個別に相談してみられることをオススメいたします。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

債務整理の種類と学資保険の扱い方

では、具体的に債務整理の種類ごとに学資保険の扱い方がどう変わっていくかを解説していきます。

任意整理なら解約の必要なし

一番、オススメなのは、任意整理です。

任意整理は、財産を処分する必要は一切ない手続きなので、当然、学資保険も解約する必要もありません

ただ、任意整理は、それなりに返済能力のある方や、借金の金額もそれほど大きくない方でないと手続きが出来ないので、条件を満たせない方は、次の選択肢を選ぶ必要が出てきます。

個人再生は少しリスクあり

個人再生の場合は、借金を約5分の1にすることが出来たりするなど、任意整理よりも大きく借金総額を減らせます。

しかし、その代わり個人再生手続きによる返済額を超える財産は持てないという条件が掛かってきます。

例えば、借金総額が500万円の場合は個人再生を行なうと、返済金額が100万円ぐらいまで減らすことが本来可能です。

しかし、学資保険の解約払戻金が他の財産の金額と合わせて100万円を超えると、返済金額も引き上げざるを得なくなってしまいます。

そういった意味は、個人再生は多少リスクをはらんでいるということになります。

自己破産なら基本解約

最後に、自己破産をする場合ですが、学資保険の解約払戻金が20万円を超えるのであれば、基本的には解約をしなければならなくなります。

また、管財事件として扱われる場合は、予納金という裁判所に納める金額も高くなってしまいます。

自己破産は借金をチャラにしてもらえる反面、学資保険も含め、一定金額以上の財産を持つこと自体が許されないのでその点は覚悟しなければなりません。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

お子さんの学資保険を守るためにも、法律の専門家に相談をしながら、上手に債務整理を行なうようにしていって下さいね。

コメントは受け付けていません。