ギャンブルで借金しても債務整理は出来る?

借金をすると言っても、原因は様々ですが、その中でも多いのは、競馬、競艇、競輪、パチンコ、パスチロなどギャンブルで借金に陥ってしまう場合です。

そこで借金返済が出来なくなってしまうと、「破産手続きして借金をチャラにしよう」と気軽に債務整理を考える方もいますが、現実はそんなに甘くはありません。

自己破産の場合、ギャンブルが借金の理由になっていると、簡単には債務の免責を受けられなくなってしまうからです。

しかし、だからといって、債務整理を諦める必要はなく、こういったサービスを利用しながら、法律の専門家を通じて行えば、自己破産を無事に行なったり、別の形で借金を整理したりすることが可能です。

【相談無料】ギャンブルが原因の借金でも債務整理を行なえる方法を聞いてみる

自己破産では借金が免責されない!?

自己破産は、借金の免責が認められれば、すべてチャラになるので、その点では、メリットが大きいように思いますが、ギャンブルが原因の借金では、免責不許可事由に該当してしまうからです。

自己破産で免責不許可になったら?

しかし、それでも、弁護士を通じて丁寧に手続きを行なっていけば、裁量免責という形で最終的に免責を受けられる可能性は高いですが、その分、時間とお金が掛かるようになってきてしまいます。

ギャンブルで借金していても大丈夫な債務整理の種類は?

それでは、借金の理由が問われない債務整理には、どういった種類があるのでしょうか?

具体的には、特定調停任意整理個人再生であれば、借金の理由を問われないので、ギャンブルで借金をした方でも、大丈夫なので、手続きはスムーズに進みます。

(もちろん、債権者の同意は必要です)

またこの中でも、任意整理と個人再生は、基本的には弁護士や司法書士などの代理人を通じて行なうようになりますが、代理にに正式な依頼した段階で、受任通知が債権者に送られ、取り立ての請求がピタッと止まります。

あとは、返済能力がそれなりにあれば任意整理、支払い不能の恐れがある場合は個人再生という流れで切り分けていくようになります。

ギャンブル&借金の習慣を絶つチャンス

債務整理を行なえば、ブラックリストに登録され、5年~10年間は新たな借り入れが出来なくなってしまいます。

しかし、これは逆の意味でとらえれば、ギャンブルによる借金癖をなくす絶好のチャンスでもあるワケです。

債務整理は、マイナスのイメージが強いかもしれませんが、人生を新しく再出発していく上での、大きなきっかけになるものです。

債務整理をきっかけに、ギャンブル依存症や借金地獄から是非、抜け出しましょう!

コメントは受け付けていません。