自己破産しない方法で借金問題を解決することは可能?

自己破産しない方法で借金問題を解決することが出来れば、それに越したことはありません。

自己破産をすると、借金をチャラに出来るというメリットがある一方、すべての債務を強制的に整理の対象としなければならならないというデメリットがあるからです。

つまり、保証人や連帯保証人がある債務も、強制的に整理をすることによって周りの人に迷惑を掛けてしまいますし、住宅ローンがある場合は、当然、住宅を失う結果になってしまいます。

さらに自己破産では借金が無くなる一方、20万円を超える財産と99万円を超える現金は手放さないといけません。

ただ、自分で考えると破産しかないと思ってしまうケースでも、こういったサービスを通じて法律の専門家に相談したところ、自己破産しない方法で借金問題を解決された方もたくさんいらっしゃいます。

【相談無料】自宅破産しない方法で借金問題を解決できるか調べてみる

宗教で借金を抱える人

私が働いていた弁護士事務所に怪しい宗教に引っ掛かってしまっていた人がいらっしゃいました。

いろいろ買わされたり、献金をさせられたりして、多重債務者となってしまい消費者金融などに500万円の借金が出来てしまっていたのです。

借金をしている方の中には、人が良すぎるが故に、怪しい宗教に入ってしまって、自分を犠牲にして、後先のことを一切考えずに、献金をしまくる人がいます。

そして、気が付いたら、取り返しのないことになっているというのは実はよくある話です。

しかし、たくさんの借金を抱えてしまったからといって、宗教団体がその人を救ってくれる訳ではありません

あくまでも自己責任で何とかしていかなければならないのが辛いところです。

債務整理=自己破産ではない

ちなみに、その方は自己破産しかないと覚悟していましたが、その一方で住宅ローンがまだある自宅だけは残したいと考えていました。

実際、債務整理イコール自己破産というイメージを持っている方は、結構いらっしゃいますが、実際は、そうではありません。

債務整理は、いくつかの種類に分かれ、その中で、自己破産は、返済能力がないなど、どうしても借金を返すことが難しい場合の最終手段として位置付けられています

自己破産のデメリット

自己破産をすると、借金をチャラに出来る反面、様々なデメリットが出て来てしまいます。

  • ブラックリストに5~10年登録されてしまう
  • 官報に名前が記載されてしまう
  • 99万円を超える現金と、20万円を超える財産は処分されてしまう
  • 保証人に借金の請求が行くようになってしまう
  • 免責が確定するまで、資格や職業が制限されてしまう

ですから、自己破産しない方法が本当にないのか、一時、じっくり考えてみる必要があるのです。

自己破産をしない方法

もちろん、自己破産まで考えていらっしゃるぐらいですから、そういった方は、借金の負担が相当あることが考えられます。

ただ、収入状況や借金を減額できる金額によっては、任意整理や個人再生など自己破産しない方法で借金問題を解決することも可能です。

その方は、結局、個人再生の手続きを行うことになりました。

個人再生は、借金をチャラに出来るわけではないのですが、約5分の1まで大幅に圧縮することが出来ます。

ただし、5分の1にした金額が100万円を下回る場合は、100万円が最低の返済額となりますし、債務の金額によって借金の圧縮幅は違ってきます。

そして減額した借金を3年~5年に掛けて返済していくようになります。

また、個人再生の大きなメリットの一つとして住宅ローンを整理する債務の対象から外すことが出来るという点が挙げられます。

住宅ローンを守るための方法

その方は、借金が500万円ありましたが、100万円まで減額することに成功し、3年間で返済することになって月々の返済額は、2万7千円となりました。

住宅ローンを残した場合は、その分をプラスした金額が月々の返済額となります。

また、もし、借入の期間が長く、払いすぎた利息(過払い金)がたくさん発生している場合は、任意整理によって、借金問題を解決できる場合もあります。

自宅まで失ってしまうと、家族に大きな迷惑が掛かってしまうだけでなく、精神的に惨めな気持ちに追い込まれてしまうところだったので、その方も非常に安堵されていました。

【相談無料】自宅破産しない方法で借金問題を解決できるか調べてみる

自己破産しない方法はいろいろとやり方があるので、自分なりに結論を出してしまうのではなく、必ず、法律の専門家に一度相談されることをオススメいたします。

コメントは受け付けていません。