リストラ後に就職できない@借金が返せないと破産しかない?

リストラ後に就職できない状態が続き、無職の状態が続くと非常に怖いものですよね。

特に元々借金がある人は、返済額がどんどん膨れ上がってかなりヤバい状態になってしまいます。

そういった方の中には、自己破産を覚悟する方もいらっしゃいます。

しかし、こういったところへ相談をすると、自己破産以外に借金を減らせる方法が見つかったりもします。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

リストラ後に就職できないという試練

サラリーマンというのは、安定しているようで、実は、不安定なところがあります。

いくらがんばっても会社に依存している訳ですし、場合によっては、会社からリストラされるリスクがあるからです。

住宅や自動車のローン、そして消費者金融からの借金などは、あくまでも会社で働き続けられることを前提としています。

ですから、リストラ後に就職できないと、その計画が一気に崩れてしまいます

サラリーマンの場合は、失業保険で、ある一定の期間、失業手当をもらうことが出来ますが、それが切れる前に、何とか次の仕事を見つけなければなりません。

しかし、ある程度の年齢を過ぎていると、再就職が非常に厳しいこともあります。

ローンなどの借金を抱えている場合は、迫りくるプレッシャーで生きた心地がしないでしょう。

無職でも任意整理は可能?

借金の返済が厳しい場合、債務整理という選択肢もありますが、ある程度の収入の見込みがないと基本的には自己破産の手続きを取らざるを得ません

ただ、それでも事前に法律の専門家に相談すれば、任意再生という負担の少ない方法で債務整理を行ない借金を減らすことも可能です。

もちろん、任意整理の場合は、ある一定の収入のあることが条件となります。

収入がないのであればダメと思われるかもしれませんが、将来的な収入が見込めるのであれば、任意整理することも可能です。

実際、任意整理をすれば借金の総額が減るだけでなく、将来利息も原則カットされ、月々の返済額をかなり減らせます。

再就職を目指す方にとっては「前の仕事と同じぐらいの給料じゃないと生活が成り立たない」と思われるかもしれません。

しかし、返済額がグッと減るので、給料はそれほど多くなくても、返済できる可能性はかなり高くなります。

ただ、任意整理の和解が成立するぐらいの時期でも、仕事が見つからない場合は、自己破産になってしまうケースもありますので、その点は気を付けるようにして下さい。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

とにかく今は「リストラ後に就職できない・・・」と諦めるのではなく、プライドをかなぐり捨てるぐらいのガッツで、仕事探しをがんばって下さい!

コメントは受け付けていません。