任意整理と自己破産どちらがいいの?判断するポイントは?

任意整理と自己破産のどちらがいいのか、あるいはどう違うのか分からず迷われる方がよくいらっしゃいます。

自己破産をすると、すべての借金をチャラ(免責)にしてもらえるというメリットがあります。

その一方で、裁判所での複雑な手続き、手放さなければいけない財産、そして制限される資格や職業があったりとデメリットも多いです。

もちろん、住宅ローンや自動車のローンが残っていれば家もマイカーも諦めなければなりません。

ですから、まず任意整理で解決が出来ないか検討をしてみて、難しければ最後の手段として自己破産を検討していくのが基本的な流れとなります。

その線引きは難しいところもありますが、こういった無料相談を利用すれば、自分に合った債務整理の手続き方法が何であるかを簡単に調べることが出来ます。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

任意整理と自己破産の違いを簡単に説明すると

任意整理と自己破産のどちらが良いか考えるには、その違いを把握しておく必要があります。

下記のポイントを押さえておくとどちらが良いのか選びやすくなります。

項目 任意整理 自己破産
借金の減額幅 過払い金があれば減額、あとは将来利息をカット(それほど減らない場合も多い) 免責されれば全額チャラ
財産の処分 必要なし 20万円以上(現金であれば99万円以上)手放さないといけない
職業や資格 制限なし 申立てをしてから免責が許可されるまで制限される職業や資格がある
ブラックリスト 約5年間登録 約10年間登録
債務の選択 選んで整理ができる 選べない

自己破産より任意整理を選んだ方が良いケース

ここで私が働いていた弁護士事務所へ相談に来られたOLの方のケースをご紹介します。

その女性はエステとショッピングをやり過ぎて多重債務者となり、奨学金の返済も残ってしまい、家賃の滞納も続いていました。

その方のケースで見た場合、自己破産だと問題になってくる点が2つあります。

保証人がいる債務がある

一つ目は、奨学金です。

奨学金は、債務整理をすると、保証人に返済の請求が行くようになります。

任意整理であれば、保証人に迷惑が掛からないよう、債務を選べるので奨学金を対象から外すことが出来ます。

しかし、自己破産であれば、すべての債務が、整理の対象となってしまうため、外すことが出来ません。

家賃の滞納を整理すると家を追い出される

そしてもう一つが家賃の滞納です。

任意整理では、もちろん家賃は対象から外せますが、自己破産では外せません。

家賃の滞納を債務整理してしまうと、大家さんから立ち退きを命じられる可能性大です。

すると、住む家を失って、ネットカフェ難民になってしまうリスクもあります。

女性にとって、それはキツイですよね・・・

幸い、この方は、払いすぎた利息がたくさん発生していて借金を大幅に減額出来たので、任意整理で借金問題を無事に解決することが出来ました。

自己破産より任意整理を選んだ方が良い場合

一方、債務者の方が、病気などで働けなくなっていたり、債務の金額が300万円、400万円、500万円ぐらいのレベルになっていたりすると、任意整理では難しくなってしまいます。

債務整理後に完済に至るまでの借金の返済プランを任意整理では立てられなくなってしまうからです。

その場合は、自己破産で一気に借金をチャラにしてしまった方が良いということになります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

任意整理と自己破産のどちらがいいかは、ケースバイケースで変わってくることも多いので、法律の専門家に相談をしながら、最善の方法を見つけるようにして下さい。

コメントは受け付けていません。