消費者金融で返済を待ってもらうのは何か月まで可能?

消費者金融で返済を待ってもらう場合、可能なのは一般的に3ヶ月までとなります。

その期間を超えると、信用情報機関に滞納をしたという事故情報が登録されてしまいます

そうなると、多額の借金を抱えた状態で、新たな借入れが出来なくなってしまうので、かなりキツくなります。

ですから、滞納期間が長引く前に収入が増やすか、それも難しそうであれば法律の力で借金を減らすための相談をするか、どちらかの対応を行なうのが良いでしょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

まずは消費者金融に連絡

「ご利用は計画的に」と言われても、人生には予期せぬ出来事がいろいろとあるものです。

例えば、リストラに遭ってしまうと、当然、収入が激減します。

もちろん、失業保険に加入していれば、ある程度、一定期間はお金がもらえます。

しかし、その間、ハローワークに通っても、仕事が見つからない場合、猶予期間が無慈悲に過ぎ去り、いよいよ無収入の状態に突入してしまいます。

消費者金融への返済も難しくなってきた場合、まずは、消費者金融に連絡をして返済を待ってもらうようお願いをすることが大切です。

事前にコールセンターへ電話をして、事情を伝えれば、遅延金を払う上で、返済期日を伸ばしてもらえる場合も多いからです。

昔に比べて、消費者金融を巡る法律の規制も厳しくなり、常識に反した取り立ても出来ないようになってきています。

そういった時代の流れの中で、消費者金融も丁寧に対応してくれるところが多くなってきました。

特に、アコムやプロミスなどの大手であれば、なおさら親切に対応をしてくれる傾向があります。

タイムリミットは3ヶ月

ただ、それでも払えものは払えないということで、滞納がズルズル続いてしまうことはあるものです。

また、消費者金融はある程度、返済を待ってくれるといってもやはり限度というものがあります。

金融業者によっても対応は違ってきますが、基本的に滞納が3ヶ月を超えると、信用情報期間に事故情報が登録されてしまう、つまりブラックリストに登録されてしまうことになります。

そうなると、新たな借り入れが出来なくなるので、一時的に他社から借りて、他の貸金業者への返済に回そうと考えても、出来なくなってしまいます。

ですから、そのような最悪のケースを避けるためにも、早めに手を打つようにしていきましょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

滞納した情報が信用情報機関に登録されると5年間ほど履歴が残ってしまうので、そういう事態は避けられるよう早めに対応していかれることをオススメいたします。

コメントは受け付けていません。