滞納した家賃の支払いが出来ない場合はどうすれば良い?

滞納した家賃の支払いが出来ないと、最終的には家を追い出されることになってしまいます。

ただ、滞納したらすぐ追い出される訳ではなく、いくつかの段階を踏むようになります。

ですから、そのプロセスを知り、途中の段階で対策をしていくことが大切になってきます。

もし、家賃の滞納が始まり「ヤバイ・・・」と感じたら、まずはこのような無料サービスを利用しながら、法律の専門家に相談することから始めてみましょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

家を追い出されるまでのプロセス

一般的に3ヶ月家賃を滞納したら強制退去ということになってしまいますが、それまでのプロセスを説明すると、以下のようになります。

手紙や電話で催促

配達証明付の催促状・内容証明郵便が送付

契約の解除

明け渡し請求の訴訟

強制退去

つまり、極力、手紙や電話で催促を受けた段階で、法律の専門家に相談するなどして早めに手を打っていくことが大切です。

リストラで滞納した家賃を払えなくなった人はどうしたか?

私が働いていた法律事務所に、突然、リストラをされて家賃が払えなくなった方が相談しに来られたことがありました。

失業手当で辛うじて食いつないでいましたが、消費者金融への借金もまだ200万円以上残っており、家賃の支払いも難しく滞納し始めていらっしゃったのです。

リストラをされた際に、まだ消費者金融から借金が残っているのも大変ですが、家賃が払えなくなる方が、実はかなり深刻です。

なぜなら、家賃の滞納を続けていると、上記のプロセスのように最終的には家を追い出されてしまうからです。

お金がなければ、次の家に引っ越すための費用を捻出するのは、当然、難しくなってしまいます。

そのため、強制退去になってしまうと、実家に押しかけるか、それが難しければネットカフェ難民になってしまうような厳しい現実が待っているのです。

家を追い出されずに借金を整理する方法

相談に来られた方は、家賃が払えないという問題もありましたが、消費者金融からの借金の返済がかなり厳しかったので、その分を任意整理しようという話になりました。

任意整理は債務整理の中の一つですが、債権者を選択できるというメリットがあります。

家賃の滞納分を任意整理の対象にしてしまうと、滞納分は整理できても、その代わりに家を追い出される可能性が極めて高くなります。

また自己破産をする場合は、債権者を選べないので、家賃の滞納分があると、強制的に滞納分の整理&退去になってしまいます。

なので、任意整理で家賃の滞納分は対象から外すのが、家を追い出されるリスクを回避できる一番良い方法となります。

もちろん、任意整理を行なうには、一定以上の収入が必要となってくるので、リストラされたままでは難しくなってしまいます。

しかし、その方は、任意整理の手続きを開始した後、何とかハローワークで仕事を見つけて、条件をクリアすることが出来ました。

任意整理であれば借金も減らせて、家賃の滞納問題も解消出来そうなことが分かったので、やる気が湧いて、仕事も早く見つかったのではとその方は話されていました。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

消費者金融への返済も家賃の支払いもどちらも大変ですが、天秤に掛けたら、より重要なのは家賃となりますが、難しい場合は、早めに弁護士に相談するようにして下さい。

コメントは受け付けていません。