お金がないので弁護士に相談できない時は?

お金がない時、弁護士に相談するのはどうしても躊躇してしまうものです。

債務整理をしようとしている人は当たり前の話ですがお金がありません。

しかし、弁護士や司法書士に依頼をしようとした場合は、当然、費用が掛かります。

どうしてもお金がないので、弁護士に相談が出来ないと思った場合、法テラスの民事法律扶助制度を利用すれば、立て替えをしてくれるなどのサポートを受けることが出来ます。

ただ、法テラスでは、収入条件によっては利用出来ない場合もあります。

そこで、もう一つの方法として、分割払いに応じているなど、債務者の事情に対して柔軟に対応してくれる法律事務所に依頼をするというやり方があります。

そのような条件をもった法律事務所は、依頼前の段階で法律の専門家に何度でも無料相談できるサービスを利用することによって簡単に見つけられます。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

債務整理をする人が共通して抱える事情

以前、250万円以上の借金を抱えて困っていた30代の日雇い労働者の方から借金返済の相談を受けたことがありました。

親の家に居候している状態ということもあり、お金の余裕がまったくなく、弁護士に相談できず困っていたというのです。

債務整理の相談をする人たちに共通すること、それはお金がないので弁護士には相談しづらいという悩みを抱えていることです。

ある意味、当たり前と言えば当たり前の話なのですが、お金がないが故に、弁護士に相談する際、費用の心配される方はたくさんいらっしゃいます。

ある程度の収入がある方ならまだしも、日雇い労働者などで、収入が低い方は、法テラスという日本司法支援センターが行なっている民事法律扶助制度を利用してみるという方法があります。

この制度を利用すれば、無料で法律相談が出来るだけでなく、弁護士に相談をした際、掛かる着手金や実費を立て替えてもらうことも出来ます。

(立て替えた費用は、その後、分割して毎月払っていくようになります。)

ただ、この制度を利用するためには、月収、資産が一定の基準以下であり、かつ自己破産であれば、免責の見込みがあることなどが条件となってきます。

お金の捻出がどうしても難しい方は、一度検討されたら良いと思います。

借金が減らせるか無料で調べられる

実際、法テラスの場合でも、最終的に弁護士や司法書士にを紹介してもらう流れになるのですが、それまで、結構、時間と手間が掛かってしまいます。

なので、結局、その時、相談に来られた方は、上記の借金減額シミュレーターを使うことになりました。

これで、どれくらい借金が減るかだけでなく、自分の条件に合った法律事務所も紹介してもらうことが出来ます。

その方も、分割払いに応じてくれる事務所をすぐに見つけて、債務整理を開始することが出来ました。

こちらの方法であれば、気軽に相談出来ますし、最初の段階から法律の専門家に直接、相談出来るので、時間の短縮にもなるというメリットがあります。始めの一歩を踏み出したい方にはオススメです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

お金がない場合でも柔軟に対応してくれる弁護士は多いので気軽に相談をしてみて下さい。

コメントは受け付けていません。