親の会社の借金に対して子供の責任が発生する2つのパターン

親が借金を抱えると子供はどこまで責任を負うべきなのでしょうか?

例えば、親が会社の経営に失敗して倒産したとします。

しかし基本的に子供は借金返済の責任を負う必要はありません

ただ、子供が親の借金の保証人や連帯保証人になっている場合は法的な責任が発生します。

また親が借金を抱えたまま死亡して子供が法定相続人になっている場合、親御さんが亡くなったことが分かった日から、3ヶ月以内に相続放棄をしないと借金の責任が生じてしまいます。

もし、いずれかの理由で親の借金に対する責任を負ってしまった場合は、早めに法律の専門家に相談をするのが良いでしょう。

また、子供の責任が発生しない場合でも親の借金に無関心でいることに対して心が引っ掛かる方もいらしゃるかもしれません。

そういった時は、こういったサービスを紹介して上げると、親自体が借金問題を解決する上での大きなきっかけを作ることが出来ます。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

会社の倒産と経営者の責任について

ここでは、親が中小企業(零細企業)のを経営していた場合のケースについて説明をしていきます。

会社が経営不振に陥って、倒産することになった場合、当然、会社は負債を抱えた状態になっています。

大きな会社などでは、会社の負債を個人が背負う必要は基本的にありません。

しかし、中小企業の場合だと、社長である親御さんは、原則として、会社が受けた融資に対して保証人になっているので、債務の返済責任を負うようになってしまいます。

親の借金と子供への影響

上記でも説明したように、親の借金に対して子供が責任を負うのは以下の2パターンです。

  • 子供が親の借金の保証人や連帯保証人になっている場合
  • 親が借金を抱えたまま亡くなって子供が法定相続人になっている場合

もちろん、親が、借金を背負って、自己破産をし、子供が親と同居している場合は、親が家や資産を失うため、影響を受けてしまうところはあります。

しかし、そのようなケースを除けば上記の2パターンのみとなります。

会社を引き継ぐべきかどうか

会社が倒産をしていなくても、親御さんが病気などで亡くなってしまう場合があります。

その場合、会社が黒字になっている場合もあれば、赤字になっているケースもあります。

赤字の場合でも、会社を引き継ぐかどうかは、3ヶ月以内に決断をしなければいけません。

もちろん、相続放棄をした場合は、借金だけでなく、資産の相続も放棄することになりますので、その点を含めて、総合的に判断する必要があります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

親の借金に対して子供の責任がはっきりするパターンははっきり決まっているので、もし条件に該当してしまっている場合は、早めに法的な対応を行なっていくようにしていきましょう。

コメントは受け付けていません。