夜逃げをすると子供は学校へ通えなくなってしまう!?

夜逃げをすると子供はどうなってしまうのでしょうか?

特に中でも一番問題になってくるのは子供が学校にちゃんと通えるかということです。

夜逃げをする場合、逃げた場所が貸金業者にバレるのを避けるため、住民票は基本的に移しません。

しかし、学校は住民票の住所を基準に通う場所が決まってきてしまいます

実際、学校に個別に相談をすれば、対応してもらえる場合もありますが、子供に不便な思いをさせてしまうことには違いがありません。

子供のためにも、夜逃げという無茶な方法ではなく、匿名で法律の専門家に相談しながら、合法的に借金を減らすことを考えてみられるのはいかがでしょうか?

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

学校は住民票がないとダメ?

消費者金融などからの借金返済が難しくなって、夜逃げをする場合、基本的に、住民票は放置することになります。

その理由は、住民票を新しい住所に移すと、貸金業者がそこへ取り立てに来てしまうからです。

借金踏み倒しをする場合、住民票はどうする?

また、住民票自体も放置していると、消されてしまう場合があります。

行方不明状態で住民票がない場合は?

では、住民票が実際の住所と違ったり、なくなってしまったりした場合、子供は学校へ通えなくなってしまうのでしょうか?

いろいろなケースを見てみると、学校や市役所に相談すれば、事情を考慮してもらい、区域外就学という形などを使って、通うことは可能だと言われています。
(※具体的な対応は、ケースバイケースのところもありますので、ちゃんと相談するようにして下さい)

夜逃げよりも良い方法

ただ、夜逃げ自体、デメリットが多すぎます

逃げ回っても、借金の時効をうまく迎えられる保証はどこにもありません。

その間、免許証の更新やパスポートの作成、転職活動、健康保険など、役所の手続きが非常に困難になってきます。

当然、夜逃げをすることは子供にも精神的に大きなストレスを与えてしまいます

ですから、結局、夜逃げよりも、債務整理をした方が後々楽なのです。

ちなみに、債務整理をしても、子供が将来的に借金の返済義務を負うことはありません

もちろん、自己破産などをすれば、一定の金額以上の財産を差し押さえられるので、その際、お子さんに不便を掛けてしまうかもしれません。

しかし夜逃げをして逃げ回るよりは、はるかに良いと言えます。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

パニックになって子供の事情を考えずに夜逃げをする方も多いですが、一度、冷静になって法律の専門家に匿名で相談してみることをオススメいたします。

コメントは受け付けていません。