飲食店で失敗し借金を抱えた場合に再起していくためのコツ

飲食店で失敗し借金を抱えてしまうと、再起をするのはなかなか大変です。

飲食店は投資する金額が大きくなる分、失敗をした場合、負債がかなり大きくなってしまうからです。

そのような状態に陥ってしまった場合は、飲食店の課題を克服したビジネススタイルで再起していくことが大切です。

ただ、再起するためには、まず出来てしまった借金を何とかする必要があります。

借金自体は法律の専門家に相談しながら解決していかれることをオススメいたします。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

飲食店は失敗して借金を抱えやすい!?

会社員の生活で苦しむ人たちの中には、脱サラして独立し自営業をしたいと憧れる人も多いのではないでしょうか。

ただ、いざ開業して、自分の飲食店を作り、やったーと思ったのも束の間。

集客に失敗すると、あっという間に自転車操業に追われて、借金が膨らんでしまいます。

飲食屋はよく失敗しやすいと言われていますが、なぜなのでしょうか?

まず、起業して、レストランや食堂、あるいは料理屋などを始めるには、最低でも数百万円の資金が必要です。

それを自分で全部、準備できれば良いですが、基本的には融資をしてもらう、つまり借金をして始めるケースがほとんどです。

なぜ、そんなに資金が必要かというと、月々にかなりのお金が必要になるからです。

お店が軌道に乗るまで、何とか持ちこたえなければなりませんが、時間が掛かってしまい、資本がショートすると、最悪、閉店に追い込まれて、失敗した経営者としての烙印が押されてしまいます。

実際、お店を構えると、いろいろな経費が掛かります。

お店の家賃、人件費、光熱費、通信費、広告費用、備品などなど、細かいところまで挙げたら切りがありません。

仮に、必死になってがんばって、月に100万円の売り上げを出したとしても、そこから、経費を差し引いていくと、30万円ぐらいしか残らないことだってザラにあります。

このように飲食店の経営はストレスが溜まりやすいこともあり、「これだったら、サラリーマン生活の方が楽だったなあ」と後悔する方も多いのです。

飲食店とは反対のビジネススタイルで再起していく

もし、飲食店で失敗し借金を抱えるようになってしまったら、別のビジネススタイルで再起していくというのも一つの考え方です。

その時は、以下のように飲食店とは反対のビジネススタイルで再起していくことをオススメいたします。

  • 飲食店は資本金が掛かる→資本金が少なくても始められるビジネスを探す
  • 飲食店は利益率が低い→利益率が高いビジネスを探す

昔は、そういったビジネスモデルを探すのは大変でしたが、今は、ネット社会なので、探せばいろいろ出てきます。

アフィリエイトもそうですし、ゲームアプリを作って大成功している人もいます。

そうやって、大金持ちになっている人がやってるビジネスは、資本金がほとんど掛からないか、利益率が高いか、必ずどちらか、あるいは両方の特徴を含んでいます。

膨らんでしまった借金はどうする?

ただ、いくら理想的なビジネススタイルを思いついたとしても、飲食店で失敗した借金が残っていると、足を引っ張られてしまいます。

ですから、まずはその借金をしっかり整理するところから始めていきましょう。

実際、自分なりに解決しようとすると、時間と手間が掛かってしまい、借金地獄からなかなか抜け出すことが出来なくなってしまいます。

ですから、そういった時は法律の専門家に相談しながら、一気に解決していくことが大切です。

債務整理であれば、借金を大幅に減額したり、チャラにしたりすることも可能となります。

債務整理を行なうと5年~10年は新たな融資を受けられなくなってしまうので、資金が掛からないビジネススタイルが求められてきます。

しかし、現代はそういうスタイルも十分可能な時代なので、知恵を絞っていけば道は開かれてきますよ!

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

社会で大成功している人は、必ず、一度や二度、大失敗していますので、逆に飲食店の失敗を活かしながら活路を見い出していけるよう、是非がんばって下さい。

コメントは受け付けていません。