リスケジュールができない@どうお願いしてもダメな場合は?

リスケジュールができない時は、どうすれば良いのでしょうか?

もちろん、会社の資金繰りが厳しくなって、銀行に依頼をする際、リスケジュールをしてもらうのは簡単なことではありません

一度断られても、熱意をもって、粘り強く交渉をしてみることが大切です。

ただ、世の中にはどうしても難しい場合があります。

何度かトライをしてみて、それでもダメな場合は、一度、このようなサービスを通じて法律の専門家に相談してみるという方法もあります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

資金繰りが厳しくなったらリスケジュールの検討を

会社を経営する人にとって、資金調達というのは、とても重要なテーマです。

もちろん、うまくやりくりの出来る企業もありますが、そうできない会社もたくさんあります。

どうしても、融資の返済が追いついていかないという場合、当然のことながら、別のところから新規の借り入れを行なうのは、極めて困難です。

そんな時は、融資先の政策金融公庫や銀行に対して、リスケジュール(略してリスケ)を依頼するという方法があります。

リスケジュールとは、返済をしないということではなく、返済期間の延長など、返済条件を一時的に緩和してもらうことです。

具体的には、以下のような書類を準備して交渉していくようになります。

  • 資金繰り表
  • 経営改善計画書
  • 返済条件変更申込書

リスケジュールに成功すれば、資金繰りが楽になりますので、その分、会社を立て直す余裕が生まれてくるというメリットがあります。

また、新規の借り入れ先を探すよりは、スピーディ-に行なうことが出来ますので、時間の節約にも繋がります。

ただ、その一方で、リスケジュールをしている期間は、新規の借り入れができなくなるというデメリットがあります。

これは、貸す側からすれば、当然の処置とも言えますよね。
(もちろん、リスケジュールの期間を乗り越えたら、また借入も出来るようになります。)

リスケジュールは甘くはない

ただ、「リスケジュールして下さ~い」「はーい、分かりました!お疲れ様でーす」と簡単に出来るほど、リスケジュールは甘くはありません

だからといって、「リスケジュールできない・・・」と失望するのではなく、むしろ断られてからがスタートだと思った方が良いです。

また融資先と交渉をする際は、「いやあ、景気が悪くて・・・」とか、回りのせいにはしないで、「こうこうこうすれば、必ず大丈夫です」と代案を示しながら、粘り強く、熱意をもって、交渉をしていくことが大切です。

もちろん、ゴルフの会員権や、不動産、高級車などを売却したり、役員報酬をカットしたりするなど、出来るだけのことをやって、誠意を見せることも大切です。

ただ、どうしてもリスケジュールができない場合は、思い切って引くことも大切なので、その時は法律の専門家に相談をしながら進めるようにして下さい。

コメントは受け付けていません。