生命保険金を借金返済に回さず家族が受け取れる理由とは?

生命保険金で借金返済を自分が死んだ後、家族を通じてしてもらおうと考える方がいらっしゃいます。

確かに、ご自身が亡くなった後でも、借金返済に責任を持とうという考え方自体は素晴らしいと思います。

しかし、実は、ご家族の方は、借金の相続は放棄して、保険金だけを受け取ることが出来ます

ただ、それよりも良いのは、やはり自分が生きている間に借金問題を解決してしまうことです。

こちらのサービスを利用すれば、今すぐに借金問題を解決するための第一歩を踏み出すことが可能です。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

家族が保険金を借金返済に回さずそのまま受け取れる理由

もし、借金を抱えた人が、多額の負債を抱えたまま亡くなった場合、その借金は妻や子供など、被相続人が引き継ぐようになります

借金も財産と同じように扱われるためです。

しかし、被相続人が亡くなったことが分かってから、3ヶ月以内に相続放棄をすれば、借金を引き継ぐ責任がなくなります

(もちろん、家族が連帯保証人になっていたら返済義務を負い続けます。)

ただ、借金を相続放棄する場合は、財産の相続も一緒に放棄することになります。

そして、ここで問題になってくるのは、亡くなった方に生命保険が掛かっていて、保険金が受取人に支払われることになった場合です。

実は、生命保険の保険金は、被相続人が生前、所有していた財産ではなく、死後、発生する財産となるため、相続財産の中には含まれません。

ですから、残された家族は、借金の返済を放棄して、保険金だけ受け取ることが可能なのです。

未来よりも今

ただ、だからといって、「自分が死んだら、すべての問題は解決する」と思って、今、借金返済で苦しみ続けるのは、いかがなものでしょうか?

その間は、あなただけでなく、家族も精神的なストレスを受け続けることになります。

また、この話を聞いて、ご家族の方は、「じゃあ、あなた、早く死んで」と思うでしょうか?

一番、大切なことは、あなたが生きている間に、ご家族の方と幸せな生活を送ることです。

実は、現在の借金も、債務整理を行なえば、免除や減額をしてもらうことが可能です。

もちろん、自己破産を行なった場合は、生命保険は基本的に解約をしなければなりません。

しかし、それによって、今の人生をリスタートして、あなたが生きている間に、家族と幸せな生活をできるチャンスが生まれてきます。

また同じ債務整理でも、もし、任意整理で借金問題を解決できれば、保険金を解約しなくても借金問題を解決することが可能となってきます。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

今、幸せになる道を模索することによって、未来の幸せも生まれてきますから、法律の専門家に相談をしながら、良い解決策を見つけていって下さい。

コメントは受け付けていません。