自殺する勇気がないけど正直死にたい時に考えるべきこと

「自殺する勇気がないからしないけれども正直死にたい」という方は潜在的にかなり多いのかもしれません。

実際、借金などの経済問題によって自殺をしている人の割合は、かなり多くなっています

「会社をリストラされ新しい仕事が見つからない」、「複数の消費者金融からの借金を抱える多重債務者になってしまった」、「借金が減らず老後に希望を持てない」など、正直、自殺をしたくなってしまう気持ちも分からないではありません。

ただ、借金問題は、一人で悩んでいると大変ですが、法律の専門家に相談すると、意外と簡単に解決出来てしまうことも実は多いです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

日本は自殺が多い国?

日本の年間自殺者は3万人を越えており、世界的に見ても、日本は自殺者が多い国だと言われています。

世界保健機関が発表した”自殺者が多い国ランキング”で、日本は18位に入っています。

他の上位国は、発展途上国などの貧困国が多いのに対して、先進国の日本が入っているのは異例とも言えます。

また、20~40代の男性の死因で一番多いのが自殺だという統計も出ています。

仕事の問題、うつ病、職に就けない悩み、健康問題、多重債務などなど、自殺の原因は様々です。

日本は、いろいろと他人に配慮する機会も多いので、その分、ストレスを感じやすい社会背景が自殺の後押しをしてしまっているのかもしれません。

自殺する勇気なんて必要ない

自殺を考えている人の中には、「自殺したいけど勇気がないから」という方もいらっしゃいます。

でも、自殺する勇気なんて全く必要ありません。

それは2つの理由からあるかです。

家族が悲しむ

1つ目の理由は、奥さんや子供達、そして親などの家族が深く悲しんだり、心の傷を負ってしまったりするからです。

普通に病気などで死ぬよりも、自殺で死ぬ方が家族に与える心理的インパクトは、遥かに大きいです。

「いや、自分が死んでも、誰も悲しむ人はいない」という人は、一度、”素晴らしき哉、人生!”という映画を見てみて下さい。

昔の映画ですが、自分が死ぬと、実は悲しむ人がたくさんいるのだと知ることが出来ます。

死んだら地獄が待っている!?

そして2つ目の理由は、死んだらそれまででない可能性があるからです。

例えば、“奇蹟の輝き”“フラットライナーズ”という映画を見てみたら、あの世がどんな世界なのか、垣間見ることが出来ます。

もちろん、これは、フィクションの世界かもしれませんが、可能性が100%ないと断言することも出来ないしょう。

ちなみに、”奇蹟の輝き”の映画の中で、自殺者は、首だけを残して、地面に埋められ、そこで呻き声をあげながら何万年も過ごす形で描かれています。

自殺するだけの勇気があれば・・・

実際、自殺をする勇気がないといっても、それはある意味当然のことだと思います。

手首を切ったり、首を吊ったり、飛び降りをしたり、水に飛び込んだりするのは、相当な勇気がいるからです。

でも、それだけの勇気があれば、法律の専門家に思い切って相談してしまう方がずっと楽なのになあと思ってしまいます。

特に、最近はネットなどを使って、法律の専門家に無料相談できるサービスも増えています。

一寸先は闇でも、ちょっと手を伸ばしてみるだけで、光が見えてくる可能性はいくらでもあります。

実際、自殺できるだけの勇気を生きる勇気に切り替えていけば、いくらでも生きていく手段は見つかるはずです。

人生は、とにかく生きてこそなんぼです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

止まない雨はないという言葉もありますし、今の苦しみが一生続くことはありませんので、一人では悩まず、思い切って弁護士などに相談してみて下さい。

コメントは受け付けていません。