結婚式の費用で出来た借金を破産せずに解決する方法

結婚式の費用で破産をする方が時々いらっしゃいます。

結婚式の費用は300万円が相場と言われていますが、手持ちのお金がない場合は、ブライダルローンを組む人もいます。

また、中には消費者金融などからお金を借りて結婚費用に充てる方もいらっしゃいます。

しかし、その後、病気や事故など不測の事態が起こり、返済が出来なくなってしまうこともあります。

もちろん、その場合は、破産という形で結婚式の費用で出来た借金を清算することも可能です。

ただ、破産をするより、もっと良い解決法もありますので、一度、法律の専門家に相談をしながら、進められることをオススメいたします。

結婚式費用で出来た借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

結婚式による費用で破産を検討

私が働いていた弁護士事務所に、結婚式の費用を捻出する際に出来た多額の借金のために破産を検討していた方が相談に来られたことがありました。

本当は、もっと式場や写真代、そして食事代など、結婚式の経費を抑えたかったそうなのですが、奥さんや相手のご家族の手前、無理をせざるを得ないところがあったそうです。

また、親同士で、結婚式の費用をどっちが出すかという話になった時、いろいろ揉めてしまい、新郎としても、あまり周りに迷惑を掛けたくなかったので、内緒で借金をすることにしたのです。

最初は、銀行のブライダルローンを利用しようとしたのですが、審査に通らなかったので、結局、クレジットカードやキャッシングでお金をかき集めて、結婚費用を捻出したそうです。

しかし、その後、職場で思わぬ形でリストラの対象となって解雇されてしまい、破産を検討していました。

ブライダルローンの注意点

ちなみに、結婚費用専用のブライダルローンを抱えている場合は、保証人や連帯保証人をを立てていないかをチェックしなければなりません。

保証人がいると、ブライダルローンを債務整理の対象にした場合、借金の請求が、保証人へ行ってしまうからです。

特に、自己破産をする場合は、ブライダルローンで返済が残っていれば、強制的に整理をしなければならいのでご注意下さい。

破産以外の方法で借金を清算する方法

幸い、その方は、保証人のない形で、消費者金融からお金を借りていました。

その点では問題ありませんでしたが、既に自動車ローンを抱えており、自己破産をすると、自動車を放棄しなければならず、それは避けたいということになりました。

その場合は破産ではなく任意整理という形であれば、ブライダルローンや自動車ローンなど、整理するとマズい債務を外すことが可能です。

ちなみに、その方は、任意整理の手続きで、消費者金融との取引履歴をチェックしてみたところ、払いすぎた利息がかなり発生していることが分かりました。

それによって借金を減額し、将来利息もカットして、月々の返済額も下がったので、何とか借金返済のメドを立てることが出来たのです。

また、任意整理であれば、裁判所を通さず、書類のやり取りも弁護士を通じて行なうため、ご家族にも知られずに手続きが出来るというメリットもあります。

その方も、家族に内緒で結婚式の費用で出来た借金を無事、破産以外の方法で解決することが出来たのです。

結婚式費用で出来た借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

借金の清算=破産だと思い込んでいる方は多いですが、法律の専門家に相談すれば、柔軟な解決法も出てきますので、まずは相談をしてみることが大切です。

コメントは受け付けていません。