自己破産のメリットとデメリット

自己破産に対しては様々な誤解や先入観があるので、メリットとデメリットを正しく押さえるようにしておきましょう。

自己破産の最大のメリットは、何といっても、免責許可が決定すれば、すべての債務が免除されるという点です。

また自己破産の手続きを開始した段階で、債権者からの取り立てもストップしますし、返済請求自体も一時的に止まります。

膨らみ続ける借金や厳しい返済で、苦しんで来た方々にとって、これほどの救いはないでしょう。

もちろん、自己破産をすれば、財産を処分していく必要が出てきますが、すべての財産が没収される訳ではありません

裁判所で決められた基準以下の財産であれば、所有することが可能です。

自己破産のデメリット

その一方で、自己破産には様々なデメリットがあることも事実です。

ただ、誤った認識を持って必要以上に悪いイメージを持っているので、正しく理解しておくようにしておきましょう。

財産はどこまで没収されるか?

自己破産を行った場合、換価をして20万円を越える財産、および99万円を越える現金は放棄しなければなりません。

元々、何も財産がなかったという人にとっては問題はありませんが、家や車を持っている人にとっては、大きなデメリットになってしまう場合があります。

もちろん、自動車に関しても、査定を行い、時価が20万円以下と判断された場合は、所有を維持することが可能です。

また、住宅ローンや自動車ローンの返済途中の場合は、家や自動車も基本的には処分の対象となってしまいます。

自己破産しない方法は?自宅だけは残したい

ブラックリストに載る期間

自己破産を行うと、信用情報機関に事故情報が登録され、それから約5~10年間は、新たな借り入れを行うことが出来なくなってしまいます。

ただし、その期間を過ぎれば、また元のようにローンを組んだりするなど、お金の借り入れを行うことが可能となります。

官報に載る

免責許可が確定すると、政府が発行する官報に個人情報が載ってしまいます。

ただ、官報は一般の人が見る機会がないものなので、まずそれによって身内や会社の人にバレることはないでしょう。

職業や資格の制限

自己破産の申立て手続きを開始してから、免責決定を受けるまでは、特定の資格や職業で制限が掛かってきてしまします。

しかし、このような制限も免責許可が確定したら、解除されますので、あくまでも一時的な処置ということになります。

保証人に迷惑が掛かる

もし、債権の中に連帯保証人(保証人)が付いた債権があれば、免責許可が確定した段階で、連帯保証人に返済義務が移行ししてしまいます。

また、自己破産は、借金がチャラに出来るという反面、保証人に対してだけでなく、債権者に対して、多大な迷惑が掛かってしまうところはあります。

確かに、自己破産は、いろいろデメリットもありますが、日常生活を送る分に関しては、全然問題ないところがあります。

借金の返済に苦しむよりは自己破産を行ったほうが、生活は確実に楽になるので、早めに法律の専門家に相談されることをオススメいたします。

コメントは受け付けていません。