借金の解決を弁護士に頼むメリット

借金の返済が厳しくて、首が回らなくなってしまった場合、弁護士を通じて債務整理を行なうのが一番の近道です。

ただ、弁護士にお願いすると、たとえ自己破産であったとしても費用が掛かるので、当然、その点は心配になってきます。

しかし、弁護士を通じて手続きを行なえば、複雑な手続きの大半をお任せ出来ますし、借金も効率よく減額したりすることが出来るので、かえって得をすることの方が多いです。

また、それでも心配な方は、法律の専門家に無料で相談できるサービスを利用することを通じて、借金の返済シミュレーションを立て、手続きを依頼することによって、どれだけメリットがあるが事前に把握することも可能です。

【無料相談】借金がどれくらい減額するか調べてみる

弁護士に頼んだ方が良いメリット

よく借金問題で苦しんで、返すのが難しくなってしまい相談をする方から「私は、お金がないから相談をしているのであって、弁護士に払えるお金なんてないですよ」と言われることがあります。

そこでまでして、弁護士に依頼をした方が良いメリットは何なのでしょうか?

具体的には以下の点が挙げられます。

債権者からの取立てがすぐにとまる

借金の返済が出来ない時に困るのは、催促の連絡です。

もちろん、最近の消費者金融は、貸金業法が整備されることによって、無理は取り立てが出来なくなっていますが、それでも電話や郵送物が来るとストレスが溜まるものです。

しかし、弁護士に依頼をした段階で受任通知が貸金業者へ行くようになり、その段階で取り立てがストップします。

煩わしい手続きから解放される

自己破産などを行うことになった場合、裁判所に対してたくさんの書類を提出する必要がありますし、複数回、裁判所へ通う必要も出てきます。

これを一人でやるのは、手間と時間がかかりますので、まさに孤独な戦いとなります。

しかし、弁護士に頼めば、そういった複雑で面倒な手続きの大半を弁護士が一手に引き受けてくれるので、一気に負担が軽くなり、安心感を得ることが出来ます。

有利に話を進めやすくなる

借金を整理する手続きは、一言で言えば債権者との交渉です。

相手は、こういったケースをたくさん扱っているので知識も豊富ですし、元々、お金を貸している訳でもあるの、借りている側としては、どうしても不利で弱い立場に立ってしまいます。

一人でやると、足元を見られてしまって、本来であれば、もっと減らせたり、免責を受けたり出来たものが出来なくなってしまい、借金が思ったように解決できなくなってしまう可能性が高くなります。

しかし、法律のプロである弁護士に依頼すれば、交渉や裁判を有利に進められるようになり、弁護士にお願いする費用が掛かったとしても、それ以上に借金が減らせたり、チャラに出来たりするようになって得をすることは多いのです。

具体的な弁護士の選び方については、こちらの記事を参考にして下さい。

信頼できる弁護士を選ぶには?

お金がないからといって、弁護士に頼まず、自分で手続きをしようとすると大損をこいてしまう場合がありますので、まずは一度、無料相談から始めてみることをオススメします。

コメントは受け付けていません。