借金苦から脱出する確実な方法

借金苦から脱出するのは簡単ではない側面があります。

特に借金の金利が高かったり、リボ払いを行なったりしていると、利息だけの返済に追われてしまうからです。

借金が一向に減らず、逆に借金地獄の深みに陥ってしまう中で、結局、脱出を諦め、自暴自棄になったり、離婚や自殺など極論に走ってしまう人は実に多いのです。

でも、実は、こういった相談方法を使えば、借金苦からは結構、以外と簡単に脱出できるようになっています。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

借金苦で離婚

私が働いていた弁護士事務所へ、旦那が多額の借金を内緒で抱えていたことが、最近分かったという主婦の方が相談をしに来られたことがありました。

ご主人はよく週末に一人で遊びに出かけていたのですが、実は、パチンコ依存症になっていて消費者金融などから300万円の借入をしていたというのです。

そのご家庭は、夫婦共働きでしたが、住宅ローンや子供の教育費もあって返済のメドが立たず、お先真っ暗の状態になってしまいました。

借金を返せるメドが立たない絶望感と悲壮感、そして何よりも、夫の裏切りを許せない気持ちで、離婚まで考えていらっしゃいました

また、その方が、住んでいるマンションはまだローンが残っていたため、自己破産をすれば、家を失い路頭に迷ってしまうのではという心配もされていました。

借金苦から希望を生み出す

借金が300万円まで膨らむと、自己破産しかないと考える方も多いですが、借り入れの状況によっては、自己破産以外の方法で、借金苦から脱出することも可能です。

多重債務に陥ったら自己破産しかありませんか?

実際、300万円まで借金があると、月々の返済額に占める利息の割合は、かなり大きくなるので、借金苦から抜け出すのは簡単ではなくなってきます。

しかし、任意整理を行なえば、将来利息をカットできるので、あとは、元金だけを基本は3年、長くても5年で返済していくことが可能となります。

幸い、その方の旦那さんは、消費者金融から、かなり長い期間借りていたので、過払い金が発生していて、借金を180万円まで減らすことが出来ました。

そして、残った金額を毎月5万円ずつ払って3年で返済するプランを立てたのです。

またご夫婦は、ある一定の収入があったので、任意整理という形で、マンションの住宅ローンを整理する対象から外した形で、完済までの返済プランを立てることが出来ました。

ここまで来たら、借金苦からの脱出計画はほぼ成功したようなものです。

任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録されてしまい約5年間は、新たな借入れが出来なくなってしまいます。

しかし、ご主人にとっても、借金癖をなくす上で、よいきっかけになったようです。

借金苦から脱出するための相談方法

とにかく借金で生活が大変な現状を脱却するには、専門家に一度相談することをオススメします。

いきなり弁護士に相談をすることに対して抵抗がない方は、近所にある弁護士事務所に電話してみて下さい。

ただ、それは、ハードルが高いと思う方は、無料で専門家に相談できるところにお願いしてみるという方法もあります。

【匿名OK】債務整理、借金問題の無料相談所

離婚するかどうか考える前に、まずは問題の根本である借金がどれだけ減らせることが可能なのか調べるのが先決です。

借金苦に陥ると、一人で悩んでいても良い解決方法を見つけることは難しいですから、まずは、自分に出来るところからでも、構わないので最初の一歩を踏み出すようにして下さい。

コメントは受け付けていません。