個人再生のメリットとデメリット

個人再生の手続きを行なう場合は、そのメリットやデメリットについても、しっかり整理して頭に入れておくようにしましょう。

個人再生のメリット

マイホーム(住宅)を守ることが出来る

個人再生の一番のメリットは、住宅ローンを抱えている方でも、家を残したまま債務整理の手続きが出来るという点です。

元々、マイホームが守られるようにという理由で、この制度が始まったという経緯があります。

借金を大幅に減らせる

個人再生では、借金を大幅に減らすことが出来ます。

詳しくはこちらに書いてありますが、

個人再生とは(債務の減額について)

基本的には債務を5分の1まで減らすことが出来ますし、債務額が1,500万円を越える場合は更に減額幅が大きくなります。

自己破産のように借金全額を免除というワケにはいきませんが、それでも任意整理に比べれば、かなりの金額を減らすことが可能となります。

借金の理由は問われない

自己破産の場合、浪費やギャンブルなどで借金をしていると、免責不許可事由に該当してしまい、手続きに時間とお金が掛かって来てしまうようになります。

しかし、個人再生の場合であれば、借金の理由までは問われないという利点があります。

職業が制限されない

自己破産をした場合は、破産の手続きを開始決定から免責が確定するまで、弁護士や税理士、会社の役員など、就けない職業があったり、職業上の資格を失ったりする場合があります。

しかし個人再生であれば、資格される職業や資格が一切ありません

個人再生のデメリット

時間が掛かる

個人再生の手続きは、かなり複雑で、その分、時間とお金が掛かります

個人で行なおうとすると、書類の不備が発生し、それが原因で申立てが却下されるリスクがあるので、必ず弁護士や司法書士を通じて手続きを行なうようにしましょう。

利用できる条件が厳しい

個人再生を利用するには、借金総額が5,000万円以下である必要があります。

また、減額された借金を3年(場合によっては5年)の期間で、確実に返済できる能力がなければなりません。

自己破産の場合は、失業状態の方でも手続きが可能ですが、個人再生の場合は、継続的に返済できる人でなければ手続きをすることが出来ません。

保証人に迷惑が掛かる

自己破産もそうですが、個人再生を手続きを行なう場合も、すべての債務が対象となります。(ただし住宅ローンは除外することが可能です)

債務者の借金は、大幅に減額されますが、連帯保証人(保証人)が付いていた債務に対しては、連帯保証人に債務の責任が移行して、迷惑を掛けてしまうことになります。

官報に掲載されてしまう

個人再生を利用した場合は、自己破産と同様、国が発行している官報に名前が載ってしまいます。

ブラックリスストに載ってしまう

個人再生をした場合は、他の債務整理と同様、信用情報機関に事故情報が登録されてしまう、すなわちブラックリストに載ってしまうため、5~10年間は新たな借金をすることが出来なくなります。

個人再生は、自己破産に比べて、良い点も多いですが、いろいろとやっかいなデメリットもありますので、弁護士や司法書士に依頼をする場合は、それらの点を事前によく確認するようにして下さい。

コメントは受け付けていません。