任意整理で弁護士と司法書士どちらに依頼すべき?

消費者金融で300万円の借金があるだけでなく、住宅ローンの返済や住民税などの支払いも滞納しかけています。

さらに親戚からも200万円ほど借金をしていて、身内には迷惑を掛けたくないので、まずは任意整理を行ないたいと思っています。

ネットで調べたら、弁護士と司法書士どちらでも任意整理を扱っているようですが、どちらにお願いするのが良いでしょうか?

費用は、司法書士の方が安い傾向がありますが、扱う金額が140万円を越える場合は、司法書士よりも弁護士事務所に依頼をした方が安心です。

弁護士と司法書士の違いは?

任意整理は、弁護士と司法書士どちらにも依頼することが出来ます。

(ただし、司法書士で対応可能なのは、一定の条件を満たして法務大臣から認定を受けた認定司法書士のみです)

基本的な手続きの流れは、こちらの記事に書いてあるようなものとなり、大きな違いはありません。

任意整理を弁護士に依頼して行なう手続きの流れ

費用的な面では司法書士の方が少し安くなる傾向があります。

もちろん、弁護士事務所でも費用を安く設定しているところもありますので、この点に関しては、どの事務所に依頼をするかによっても違って来ます。

ただ、一つ気を付けなければいけないのは、司法書士の場合、取り扱う金額が140万円を越える場合、法律相談、交渉、訴訟が出来なくなってしまうという点です。

私が勤めていた弁護士事務所に相談をしに来たAさんは、上記の質問にもあったように、様々なところから借金やローンがあり、首が回らない状態となっていました。

自己破産だと、住宅は手離さないといけないですし、個人再生だと住宅は守ることが出来ますが、自己破産と同様にすべての債務が対象となってしまい、お金を貸してくれている親戚に迷惑は掛けたくないと思っていました。

そこで、債権者を選んで債務を整理することが出来る任意整理を行なうと思い、手続き費用の安い司法書士を選んで依頼をしようとしました。

ところが、Aさんは、一つの消費者金融からの借入金額が140万円を越えていたため、その分に関しては、司法書士から断られてしまいました。

実際、140万円を越える債務額を司法書士が行った場合、弁護士72条に違反してしまうからす。

ですから、負債金額が140万円以下であれば、司法書士に依頼した方が、費用を安く抑えることが出来るというメリットがあります。

しかし逆に、借金の金額が大きい場合は、最初から弁護士に依頼した方が安心と言うことが出来るでしょう。

また、どちらに依頼をするのであれ、大切なことは、任意整理に強い事務所に依頼をするということです。

なぜならば、どれだけ借金を減額できるか、あるいは過払い金が発生していた場合、どれだけ取り返すことが出来るかは、依頼する事務所が任意整理を得意としているかによって結果が大きく違ってくるからです。

ここでは基本的な弁護士と司法書士の違いを説明しましたが、最後は、個々の事務所の力量をしっかりと見極めて決めるようにしていきましょう。

コメントは受け付けていません。