任意整理の無料相談を司法書士に依頼するメリット

消費者金融からの借金が雪だるま式に増えてしまい、返済不能となってしまいました。

貸金業者からの連絡をしばらく無視していたところ、実家に連絡が入ってしまったようで・・・

ネットで探していたら任意整理の無料相談が出来る司法書士を見つけたのですが、こちらに依頼するのが良いでしょうか?

それとも公的な機関にまず相談をするのが良いでしょうか?

公的機関の場合、手続きに時間が掛かってしまいます。

取り立てを早くストップさせたい場合は、司法書士に早く相談をするのが良いでしょう。

借金問題を早く解決するためには?

最近の消費者金融は、最大で18.0%の金利が掛かるようになっています。

借りた金額が少なければ、まだ良いのですが、借入金額が増えてきたり、借入先が複数になってくると、利息分を払うだけで精一杯になってきて、元本がなかなか減らなくなってきます。

そのうちに、借金が雪だるま式に増えるようになってくるので、一日でも早く債務を整理していく必要が出てきます。

私に相談をしてきたBさんは、無料相談が出来る司法書士に連絡をするのはどうかと聞いて来ました。

任意整理は弁護士と司法書士どちらにも相談が出来ますが、以下の点だけを押さえておけば、どちらに依頼をしても大丈夫です。

任意整理で弁護士と司法書士どちらに依頼すべき?

司法書士に依頼をした場合は、弁護士に依頼するよりも、一般的に費用が安くなるというメリットがあります。

ただ、その一方で、Bさんは、まだ債務整理のことがよく分からないし、司法書士に相談をしてすぐ契約という話になってしまないか心配をしていました。

そこで、最初は、法テラスなどの公的機関に相談をするのはどうかと尋ねて来たのです。

しかし、公的機関に相談をした場合、最終的に弁護事務所などを紹介してもらうようになりますが、それまでにかなりの時間を費やしてしまいます。

Bさんの場合、既に返済の滞納を行なっており、債権者からの連絡を無視していたので、その場合は、職場や実家に連絡が行ってしまうことになります。

早く取り立てをストップさせないと、いろいろな人に借金がバレたり、迷惑が掛かったりしてしまうようになります

司法書士に相談をすれば、借金の減額手続きについて、より具体的なアドバイスを受けることが出来ますし、依頼をした場合は、貸金業者からの取り立てをすぐに止めることが可能となって来ます。

もちろん、無料相談をする場合は、任意整理に強い事務所に連絡をするのが良いでしょう。

また借入期間が長い場合は、過払い金が発生している場合もありますので、その場合は、過払い金の返還に強い司法書士を選んだ方が、減らせる借金の金額はグッと少なくなってきます

過払い金の返還額日本一の実績がある杉山事務所

司法書士によっても、任意整理の対応力は違ってきますので、相談をする中で、どれだけ実績があり、具体的なアドバイスをしてくれるか、しっかりチェックするようにしていきましょう。

コメントは受け付けていません。