自己破産後に住宅ローンを組むには何年待つ必要がある?

自己破産後に住宅ローンの審査が通るようになるには何年待つ必要があるのでしょうか。

自己破産をすると信用情報機関に事故情報が10年間登録されてしまうので、その期間は、新たな借り入れを行なうことが出来ません。

もちろん、住宅ローンを申込んでも、審査に落ちてしまいます。

ただ、逆の言い方をすれば、10年間を過ぎれば、ブラックの状態ではなくなるので、住宅ローンの審査に再度通る可能性が出てくるということになります。

それまでの間にマンション購入に必要な頭金を貯めていくというのも一つの賢いやり方です。

自己破産など債務整理をする判断が遅れると、その分、将来的に住宅ローンを利用できるようになるまでの期間も先延ばしされてしまいます。

ですから、借金返済が難しくなってしまった場合は、早めに対処されることをオススメいたします。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

自己破産後は住宅ローンが組めない訳

私が勤めていた弁護士事務所にやってきた方で、親御さんが、小さな会社を経営していたのですが、事業不振に陥り、倒産に追い込まれてしまった方がいらっしゃいました。

相談者の方は、会社が融資を受けていた時の連帯保証人になっており、その結果、巨額の負債を抱えてしまったのです。

そこで、自己破産の相談をしに来られたのですが、住宅ローンを今後、組むことが出来るかという質問をされました。

債務整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録されてしまいますが、こちらの記事にも書いてあるように、

信用情報機関一覧と情報開示について

信用情報機関は、CIC、JICC、KSCを3つの機関に分かれています。

自己破産の場合は、CIC(信販会系)で5年間、JICC(消費者金融系)で5年間、KSC(銀行系)で10年間、ブラックリストに載ってしまう、すなわち事故情報が登録されてしまいます。

住宅ローンは基本的に銀行で組むことになるので、やはり10年間はローンを組むのが難しいということになってしまいます。

自己破産後に住宅ローンを借りれるタイミングを調べる方法

少しでも早く住宅ローンを組みたいという方は、事前審査を受ける前に、個人信用情報機関に情報開示を求めたら良いでしょう。

そこで事故情報が消えていたらゴーサインが出たと思って大丈夫です。

また、KSCだと、10年間待たないといけなくなりますが、CICやJICCでは5年間で事故情報が消えます。

ですからノンバンク系で、KSCの信用情報を照会しない金融機関で住宅ローンの申請を行なえば、自己破産後6~7年で、審査に通ったという事例もあります。

ただ、銀行の住宅ローンの方が安心という方は、やはり10年待つ必要があります。

自己破産をすれば住宅ローンが永遠に組めなくなるワケではないので、10年後を見据えて、しっかり準備していくことが大切です。

コメントは受け付けていません。