自己破産の相談をすると見えてくること

自己破産をすると、もう人生が終わりではないかと間違った認識をもっていらっしゃるかもしれませんが、実際に相談をしたら、そうではないことに気が付く人は多いです。

“聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥”とも言いますが、まずは、無料相談という形から始めると、そこからいろいろなことが分かって希望が見えてくるものです。

それでもなかなか相談がしづらい場合は、匿名で法律の専門家に相談できるサービスもありますので、まずは気軽に相談してみるところから始めて下さい。

【相談無料】借金問題を解決するための匿名相談をしてみる

職場のストレスで多重債務者に

私が働いていた弁護士事務所に、職場で上司からパワハラを受けたり、いじめを受けたりしたことをきっかけにしてストレスから、精神的に病んでしまい、買い物依存依存症になってしまったOLの女性が相談に来られたことがありました。

複数の消費者金融からお金を借りながら、ブランド品を買いあさる中で、あっという間に借入金額が200万円を越えて多重債務者になってしまったのです。

挙句の果てに、うつ病になってしまい、会社も結局辞めることになり、その後、アルバイトを始めたそうですが、収入は激減し、返済が出来なくなり、生活がムチャクチャになってきたとのこと。

自ら、転落の人生に終止符を打ちたいということで、法テラスに行くことも考えましたが、早く問題を解決したいと思って、弁護士に直接相談をしに来られたのです。

多額の借金を抱えている人は、精神的に相当な負担を感じていらっしゃる方が多いものです。

相談者の方も、その中の一人でしたが、弁護士に相談をすることを通じて、様々な悩みが解決されるようになっていきました

まず、自己破産の相談をする際、相談自体にお金が掛かると思っていたそうですが、自己破産などの債務整理については無料で相談に乗ってくれる弁護士事務所も多いです。

自己破産のメリットとデメリット

ただ、その方は、自己破産をすることによって、社会的な制約を受けたり、前科が付いたり、一生貧乏な生活をしなければならなくなったりするのではないかと、かなりマイナスなイメージを持っていました。

自己破産のメリット・デメリットなどはこちらにも書いてありますが、

自己破産のメリットとデメリット

もちろん、免責が下りるまで資格や職業の資格の制限があったり、自己破産後は、最長で10年ぐらい新しい借入が出来なくなるというデメリットはあります。

しかし、選挙権がなくなったり、犯罪者扱い受けたりすることは決してありませんし、日常生活に支障をきたすこともないという話を聞いて安心をして下さいました。

さらに相談者の方は、実家の両親にバレてしまうことを非常に恐れていましたが、弁護士は守秘義務を負っていますし、ご家族と同居されていなければ、自己破産の手続きがバレてしまうことは、まずあり得ません。

弁護士費用に関しても、分割払いなどを行ったりしているところもあるので、それによって、かなり負担が軽減させることが出来ます。

相談者の方は、弁護士に相談をする中で、必要以上に自己破産を恐れていた自分に気が付き、気持がスッと軽くなり、表情が明るくなっていました。

そして何よりも、喜ばれたのは弁護士に相談して依頼をした後、弁護士が貸金業者に対して受任通知を送ることによって、それまでひっきりなしに来ていた取り立てがピタッと止まったことでした。

それまで借金について、誰にも相談をすることが出来ず、一人で思い悩んでいましたが、弁護士に相談することによって、一気に光が見えてきたというお話をされていました。

自己破産かと思っていたら、実は個人再生や任意整理でもっと簡単に債務整理が出来るケースもありますので、一度、気軽に法律の専門家に相談されることをオススメいたします。

コメントは受け付けていません。