借金返済をしないと住宅ローンは組めない?

消費者金融からの借金返済が残っていると、住宅ローンの審査に通るの難しくなってしまいます。

もちろん、審査基準の一つとして、返済負担率というものがあり、借金をしていると月々の返済額が返済負担率を上げてしまうということもあります。

ただ、本来であれば、最低でも費用の20%は頭金として準備をしておくことが望ましいので、借金をしていること自体、審査を受ける上で大きなマイナスとなってしまいます。

ですから、借金が残っている場合は、まずは完済することを優先させることが大切ですし、こういったところに相談してみると、最速で借金返済するためのシミュレーションを立てることが出来ます。

【相談無料】借金がどれくらい減るかシミュレーションする

借金が残っている場合の住宅ローン

私のところに相談をしに来られた女性が、高い家賃を払うよりは、安い中古マンションを買って、家賃を下げ月々の支出を減らすことが出来ないかと考えていました。

住宅ローンはフラット35で組もうとしていたのですが、その時に問題になっていたのは、その方が消費者金融から借金をしていたということでした。

住宅ローンを審査する銀行は保証会社を通じて、行なうことになりますが、信用情報機関を通じて、個人信用情報を照会します。

そこで、消費者金融などへの借金の返済が残っていると、すぐに分かってしまうので、そこで審査が通りにくくなってしまいます。

仮に完済をしていたとしても、契約が続いている場合は、そこからお金を借りる可能性があるとみて、審査は厳しくなるので、解約をしておいた方が良いです。

審査基準として重要な返済負担率

また返済が終っている場合でも、審査基準として返済負担率というものが大切になってきます。

これは、年間の返済金額が年収に締める割合を出した数字ですが、フラット35の場合、税込年収に対する返済負担率は、明確にされています。

税込年収400万円未満:返済負担率30%以下
税込年収400万円以上:返済負担率35%以下

ただし、年収が低い場合は、返済負担率を極力25%以下に収めるのが望ましいでしょう。

借金額もかなりあったので、中古マンションを買って、家賃を安くするよりは、消費者金融の借入金額を一度、任意整理をして月々の返済額を減らしましょうというお話になりました。

任意整理をした場合は、和解後から約5年間、信用情報機関に事故情報が残ってしまうので、その間は、住宅ローンを組むことは出来ません。

これは特定調停を行った場合でも同じです。

特定調停をすると住宅ローンは組めますか?

ただ、その一方で、月々の返済額は確実に減るので、相談者の方は、とても喜んでいらっしゃいましたし、その間、逆に頭金の資金を貯めるんだと意気込んでいらっしゃいました。

借金の返済が残っている場合は、ローンを組む際、かなり不利になってしまいますので、まずはその借金返済を最優先にして考えていくことをオススメいたします。

コメントは受け付けていません。