過払い金で着手金0の法律事務所でオススメのところはココ!

過払い金で着手金0の法律事務所は多いです。

ただ、着手金以外にも、基本報酬(成功報酬)や返還成功報酬など、手続きに掛かってくる基本的な項目がありますので、全体像を見ながら判断していく必要があります。

ちなみに、弁護士事務所よりも司法書士事務所の方が、全体的な費用が安くなる傾向があります。
(もちろん、事務所によっても違いはあります)

また、もう一つの観点として、費用が安いだけでなく、過払い金請求に強い法律事務所を選ぶことが大切になってきます。

なぜなら、過払い金請求をして戻ってくる金額は、法律事務所の交渉能力によってかなり違ってくるからです。

そのような観点からみて、過払い金請求で着手金0となっていてかつ過払い金請求に強いオススメの法律事務所は以下の2つです。

アヴァンス法務事務所

→過払い金で着手金0であるだけでなく、過払い金の返還成功報酬が16%~18%(相場は20%)となっているので、返還額が大きければ大きいほど、トクになります。

杉山事務所

→着手金0でかつ、消費者金融から恐れられるほど交渉能力の高い事務所なので、過払い金がたくさん戻ってくる可能性があります

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

過払い金の着手金0は本当にオトク?

過払い金の返還請求をする際、着手金0をアピールしている法律事務所は、多く見受けられます。

着手金0と聞いて、安心する人もいれば「その分、後で高い費用を請求されるんじゃないか?」と心配になる方もいらっしゃいます。

実際、着手金ゼロの場合、過払い金の返還に成功した時に解決報奨金(基本報酬金)を請求して、そこで調整をしている場合もあります。

逆に着手金で費用が掛かって、解決報奨金がゼロのところもあります。

どちらも同じように見えるかもしれませんが、着手金ゼロの方が、支払いが後でも大丈夫になる分、気持ちが楽になるところはあります。

また、それとは別に、過払い金を返還した金額に対して報酬が発生するようにもなります。

この報酬に関しては、通常20%、訴訟になった場合は25%というのが相場です。

任意整理の場合は?

ところで、現時点で、債務が残ってる場合は、過払い金返還請求ではなく、任意整理という手続きから入っていくようになります。

過払い金の返還請求では着手金が0でも、任意整理では着手金が掛かるところが多いです。(特に弁護士事務所ではその傾向が強いです)

任意整理の場合でも、着手金と解決報酬(基本報酬)という費用が掛かってきます。

また払いすぎた利息があった場合は、減額報酬という形で、減額した債務の10%が報酬として発生するケースが多いです。

さらに、発生した過払い金によって、残債務額が0になるだけでなく、さらにプラスとなって戻ってくるケースもあります。

その場合は、プラスになった分に対して、過払い金の返還成功報酬が20%ぐらいで発生します。

ですから、この場合に掛かる費用は、着手金+解決報奨金+減額報酬(残債が0になるまでの分に対して)+過払い金返還報酬(プラスになって戻ってくる分に対して)という計算になります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

過払い金を着手金0で扱っているという費用面だけでなく、弁護士や司法書士が過払い金請求や債務整理をどれだけ得意としていて、かつ実績があるかもチェックしていきましょう。

コメントは受け付けていません。