自己破産の悩みを何度でも相談

自己破産をすれば借金がチャラになるというメリットがありますが、その一方で、やはり覚悟が必要になってきますし、デメリットもいろいろあるのではないかと悩んでしまうも多いです。

自己破産後の生活がどうなるかという点や、自己破産で掛かる費用をちゃんと払えるかという点など、事前にクリアにしておくべき内容は意外と多いものです。

そういった場合は、このように法律の専門家に無料で何度でも相談できるサービスを利用すれば、悩み事があれば事前に全部聞いた上で、次のステップに進むことが出来ます。

【無料相談】自己破産の悩みを法律の専門家に匿名で相談する

自己破産後の生活はどうなる?

私のところに連絡をしてきた方で、消費者金融数社や車のローンで300万円の借金を抱えて、多重債務者となっており、何から手を付け始めたら良いのか分からないということで深刻に悩まれていました。

借金に対するストレスと孤独感から、体調も崩して、仕事も満足に出来ない状態となっていました。

借金の返済が厳しいために、ヤミ金に手を出すか、自己破産をするか、あるいは自殺をするかというところまで追い込まれてしたのです。

その相談者の方は、自己破産をしたら、もう人生に希望がなくなると思っていましたが、実際は、そんなことはありません。

自己破産後の生活について

もちろん、自己破産の申立てを行ない、手続きを開始してから、免責決定がされるまでは、一時的に職業や資格が制限される場合もありますし、一定額以上の財産は処分する必要があります。

しかし、免責が確定をした後は、新たな借り入れが出来ないということ以外は、普通の生活を送ることが出来ます

自己破産の費用はどうなる?

一般的に自己破産をする場合、基本的な実費が数万円ぐらい掛かりますが、それ以外にも、

●同時廃止の場合(財産がないと判断された場合):予納金はゼロ
●管財事件の場合(財産があったり、免責不許可事由があったりすると判断された場合):予納金50万円以上
●少額管財事件の場合(管財事件でも弁護士が代理にとした立つ場合):予納金:20万円以上

の費用が掛かります。

さらに弁護士や司法書士に依頼をする場合は、
弁護士:20~40万円
司法書士:15~30万円

の料金が別途掛かるようになります。

法テラスに相談するメリットとデメリット

費用が心配な方は、法テラスに相談をすれば、民事法律扶助という弁護士や司法書士に掛かる費用を立て替えてくれるというメリットがあります。

最初、法テラスで無料相談を受けることも可能ですが、弁護士や司法書士を紹介してくれるまでに時間が掛かってしまうというデメリットがあります。

法律の専門家に支払いの相談をする方法

ですので、早く借金問題を解決したい方は、直接、弁護士などで無料相談をしているところに連絡した方が良いでしょう。

弁護士事務所の中には、分割払いや後払いに応じてくれるところもありますので、そのようなサービスを利用すれば、立て替えサービスと内容的にはほとんど変わらなくなってくるところがあります。

ただ、いきなり対面や電話で連絡をして、相談することには、かなり抵抗を感じる方もいらっしゃいます。

そういった場合は、上記でもご紹介したような匿名で、かつ何度でも法律の専門家に無料相談できるサービスを利用すれば、事前に支払いについての相談も出来るので便利です。

どんな形で相談をするのであれば、最終的に大切なのは、借金問題を解決することですので、まずは最初の一歩を踏み出すようにして下さい。

コメントは受け付けていません。