特定調停とは

特定調停は、返済不能のおそれのある債務者が、債務の支払い方法について、調停委員会のもとで、今後の債務の返済方法や期限について、話し合い、合意を行なっていく手続きです。

ここでの債務者は、特定債務者と呼ばれ、支払い不能になる恐れがない人や、まったく支払うメドが経っていない人は基本的に該当しません。

また、特定調停は、調停委員会を通じて行いますが、債務者と債権者の話は、個別に聴くようになるため、当事者同士が話し合うことはありません。

調停を行なう場所は、債券者の住所地を管轄とする簡易裁判所となります。

安く済ませることが出来る

特定調停の良さは、自分で簡単に手続きが出来るということです。

申立て費用は、債権者一件あたり500円程度、連絡用の郵送代で3,000円~4,000円とかなり安く済ませることが出来ます。

また、利息制限法に照らし合わせて、利息の金額を見直したり、将来利息を免除または軽減したりすることが可能です。

ちなみに特定調停では秘密が厳守されます。裁判と違って調停は非公開で行われ、調停委員にも守秘義務が課せられるので、その点では安心です。

特定調停の不便なところ

ただ特定調停は、費用が安い反面、債権者と話し合いを行なうため、何度か簡易裁判所に通う必要があります

また、調停委員は当たり外れがあり、債権者と粘り強く交渉してくれない場合もあります。

さらに過払いがあっても返還請求を行うことが出来ません

過払い金の返還請求を行いたい場合は、特定調停が終わってから改めて行なうということになります。

特定調停は、とにかく安く済ませたいという方には、おすすめです。

しかし、手間と時間をあまりかけたくない方や過払い金が多く発生している方の場合は、弁護士の方を通じて、任意整理をした方が良いでしょう。

任意整理と特定調停の違い、7つのポイント

任意整理と特定調停のどちらが良いかは、その人の借金の状態によっても違ってきますので、一度、法律の専門家に聞いてみるのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。