取り立てで近所の人にも連絡をしてくる闇金への対処法

取り立ての時に近所の人にまで連絡してくる業者が時々あります。

近所に取り立てのため連絡をすること自体、違法行為なので、そのようなことをやっている業者は闇金だと判断して良いでしょう。

闇金は不法な形で融資を行っているので、そういったところからお金を借りても返す必要がありません

ただ、近所を巻き込んで取り立てをしている場合は、早めに警察、あるいは闇金にも対応している弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

苦し紛れに闇金の世界へ

私のところにヤミ金から借入をしてしまった方から相談が来たことがあります。

その方は、消費者金融など複数の貸金業者からお金を借りていたのですが、借金が膨れ上がり、返済不能の状態に陥ってしまいました。

おまとめローンから低金利で借りようとしましたが、やはり審査は通らず、どうしようかと途方に暮れていた時、街でたまたま怪しい金融業者のチラシを見かけたそうです。

ダメだと思いつつも、その時は、お金に困っていたので、ついついそこに書いてあった090から始まる携帯電話番号に連絡をしてしまったのです。

闇金の巧妙な手口

最初に名前や振込先口座を教えた後、緊急連絡先を書くように言われ、近所の友人の電話番号を書いてしまったそうです。

また、いくら借りれるのかを聞いたら、3万円しか貸してくれないと言われました。

その後に、手数料は1万5千円、そして返済額は5万円になると言われ、そこで初めて闇金に引っ掛かってしまったことに気が付いたのです。

さらにお金を借りた1週間後に、もう取り立てが始まったのですが、当然、返すことはできません。

それから、執拗な取り立てが始まったのですが、しばらくすると、近所の友人の家にも取り立ての連絡が来るようになってしまったというのです。

多重債務を狙う悪質な金融業者を見分けるには?

闇金の取り立てが来たら?

ヤミ金とは、貸金業法を無視して、違法な金利でお金を貸したり、違法な取り立てを行なう業者のことを言います。

そのような業者は、存在自体が違法なので、お金を返す必要は一切ありません

ただ、実際に脅迫まがいの取り立てが来たら、それを防がないといけません。

もちろん、取り立てのため近所の人に連絡するのも立派な違法行為です。

借金の取り立てで違法になる行為は?

一つの方法としてまず警察に相談するのも良いでしょう。

警察には、民事不介入というルールがあるから難しいという人もいますが、ヤミ金が行っているのは明らかに違法行為です。

ですから、きちんと警察に相談をしたら、闇金業者へ連絡をして、二度と債権者に取り立てをしないよう言ってくれる場合もあります。

警察でも難しい場合は?

ただ、場合によっては、警察がきちんと対応してくれないこともありますし、対応をしてくれても一時的な対処に留まり、根本的な解決に繋がらない場合もあります。

その時は、闇金にも対応してくれる弁護士や司法書士に相談をするのが良いですしょう。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

ただ、法律事務所の中には、闇金には対応していないところも多いので、事前に対応が可能か聞いておくことをオススメいたします。

コメントは受け付けていません。