消費者金融の借金による離婚相談@お金にルーズな夫と別れるべき?

消費者金融からの借金で離婚をすべきか相談を受けることがあります。

夫があまりにもお金に対してルーズであれば、将来が不安になり、離婚を考えてしまうのはある意味しょうがないことだとも思います。

実際、離婚すべきか考えるまでに、まず消費者金融からの借金を理由に離婚が出来るか確認しなければなりません。

次に、もし夫と離婚できた後、夫の借金の返済義務が発生してしまったり、夫が離婚後、自己破産をして慰謝料や養育費を払えなくなってしまうリスクがどれくらいあるか考える必要があります。

ただ、可能であれば、こういたサービスも活用しながら今の借金を何とかして、夫婦で再出発をしていくことも選択肢の一つとして検討されることをオススメいたします。

夫の借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

離婚について相談したり、考えたりするのは非常に辛いことですが、幸せについて何が最もベストな選択となるのか良い答えを見つけていかれることを願っています。

お金にルーズな夫

私に相談をして来られた方の一人で、旦那さんの消費者金融からの借金問題について悩み、離婚を考えている女性の方がいらっしゃいました。

ご主人は人は良いのですが、昔から借金癖があり、結婚する前も、実は借金があったのですが、奥さんが肩代わりをして上げたそうです。

しかし結婚後も、旦那さんは、内緒で消費者金融から借金を作っては、後で、奥さんにバレるというパターンが続いたそうです。

旦那さんのお金にルーズな性格が一向に治らないため、相談者の女性も疲れ果ててしまっていました。

消費者金融からの借金で離婚するとどうなる?

消費者金融からの借金が原因で離婚する場合の考え方は以下のようになります。

そもそも離婚ができる?

まず、消費者金融からの借金が原因で離婚が成立するためには、その借金によって、夫婦関係が破たんしたということが証明されなければなりません

そのことをうまく証明できれば離婚が可能となり、次のステップへ進むことになります。

夫の借金に対する妻の返済義務は?

次に、夫の消費者金融からの借金を妻も返さなければいけなくなるかチェックします。

実際、借金をした目的が日常生活のためであれば、財産分与の観点から借金も分けられるため、返済義務が発生します。

また仮に、夫が、自分本位の目的で借金をしてお金を使っていたとしても、妻が連帯保証人になっていれば、返済義務を逃れることが出来なくなってしまいます。

慰謝料や養育費は?

さらに借金をしている夫に対して慰謝料や養育費が請求できるかという観点で見ると、夫の借金について、妻が様々な苦痛を受けた場合は、請求を行うことは可能です。

しかし、その後、旦那が自己破産すると、慰謝料や養育費の支払いが免責されてしまい、受け取りが難しくなってしまいます。

離婚後に公正証書を作成しても、相手がそれを守れないケースも多いのです。

ですから、借金をしている夫と離婚をした場合、それ以上の被害や損失を防ぐことが出来るかもしれませんが、金銭面で得られるものは少ないでしょう。

離婚をしないという選択肢

今回の相談者の方も、いろいろ悩みましたが、結局、離婚をせずに、夫に消費者金融からの借金を債務整理させることにしました。

債務整理をすれば、5年~10年間は新たな借り入れが出来なくなります。

それによって、相談者の方は夫の借金癖が治ることに賭けたのです。

その後、お金にルーズな旦那さんも、退路が断ち切られたことによって、何とか借金癖を克服することが出来て、生活を立て直し、離婚の危機も回避できたと伺っています。

夫の借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

旦那さんの借金でお悩みの方は、離婚をしようとする前に、一度、借金問題を解決できないか法律の専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。