会社に秘密で借金返済する方法

借金問題を抱え、そのまま放置してしておくと家族だけでなく会社に対しても秘密にしておくのが段々、難しくなってきます。

闇金でなければ、通常の貸金業者は会社に連絡をすることはありませんが、催促の連絡を債務者本人が無視していれば、やむを得ないという事情で、会社に連絡が来る場合もあります

もちろん、それでも催促を無視していたら、給与が差し押さえられてしまいますし、そうなってしまうと会社に隠しようがなくなってしまいます。

ですから、借金返済に困った場合は、出来るだけ早く、法律の専門家に相談することによって、会社にバレるリスクを回避するようにして下さい。

【無料&匿名相談】会社に内緒で借金がどれくらい減らせるか調べてみる

滞納が続くと会社にバレるリスクが高まる理由

私が働いていた弁護士事務所に、買い物や旅行が大好きで、後先のことを考えずに、消費者金融や銀行系のカードローンを借りている内に返済が滞るようになってしまった方がいらっしゃいました。

さらに奨学金の返済も残っており、まさに借金まみれの状態になってしまっていたのです。

滞納が続くようになると、催促の連絡が貸金業者からやってくるようになります。

貸金業法では、債務者の会社へ、債権者が直接連絡する行為が禁止されています。

借金の取り立てで違法になる行為は?

もちろん、闇金に手を出してしまった場合は、法律が定めたルールは一切関係がなくなってしまいますから、勤務先に嫌がらせの連絡が来ることは避けられなくなってしまいます。

しかし、通常の金融業者であれば、会社に連絡することは原則としてありません。

そもそも会社に債務者の借金がバレて、万が一、会社を辞める(通常、借金が原因で首になることはありませんが、本人が居づらくなって、自分で辞めていくケースはあります)ことになったら百害あって一利なしです。

ただ、問題なのは借金の滞納をズルズルと続けてしまうことです。

その場合は、債務者本人が、債権者からの取り立ての連絡に段々感覚が麻痺をしてきて、連絡を無視し始める傾向があります。

本人と音信普通になると、貸金業者側としては、しょうがなく会社に連絡をせざるを得なくなってしまいますし、最悪は、財産や給与の差し押さえという強制執行の手段を講じる場合もあります。

会社にバレるリスクをすぐになくす方法

ですから、借金の返済に厳しくなったら、早めに法律の専門家に相談をして、借金問題の根本的な解決を行なう必要があります。

今回、ご相談があった女性の方は、最初、おまとめローンも検討したのですが、おまとめローンでは、多少金利が下がっても、借金の残額自体は減りません。

また、このようなローンを申込む際は、会社に在籍確認の連絡が行ってしまうため、そこで100%バレないという保証はないのです。

そこで、相談者の方は債務整理で、借金問題の根本的な解決を行なうことにしたのです。

最初は、自己破産しかない覚悟されていましたが、そこそこの収入がありましたし、過払い金も発生していたのでの残額の債務をかなり減らせることが分かり、自己破産は回避できることが分かりました。

また、任意整理であれば、連帯保証人が付いている奨学金を整理する対象から外せるので、連帯保証人の方に迷惑が掛かることもなくなります。

(連帯保証人が付いている債務を整理してしまうと、取り立ては連帯保証へ行くようになってしまいます)

もちろん、債務整理を弁護士や司法書士を通じて行った場合は、依頼をした段階で、受任通知が貸金業者へ届き、貸金業者から催促がバンバン届いていたとしてもすぐにピタッとストップするようになります。

その段階で、滞納をしていたとしても、会社にバレるリスクが一気になくなるのです。

今回、相談に来られた女性も、実は、もう少しで会社に連絡が来てバレそうな感じだったのですが、弁護士に依頼をすることを通じて、催促をストップさせ、難を逃れることが出来ました。

誰にも知られずにこっそりと秘密で借金返済の問題を解決したい方は、匿名で法律の専門家に相談できるサービスもありますので、気軽に利用してみて下さい。

コメントは受け付けていません。