特定調停手続きの流れ

特定調停は、個人が簡易裁判所を通じて行なう手続きですが、具体的な流れは以下のようになっています。

必要書類を準備

まずは、特定調停の申立てをするための必要書類を準備します。

この中には、特定調停申立書、管理権利者一覧表、そして財産状況を示す書類などが含まれます。

申立てをする

書類がそろったら、債権者の所在地がある簡易裁判所で特定調停の申立てを行ないます。

受付票の交付

裁判所から、事件受付票が交付されて、そこで調査期日が指定されます。

必要書類がしっかりそろっていれば、その日の内に受付が完了しますが、書類が不足していた場合は、後日、裁判所に足を運ばなければなりません。

裁判所が申立てを受理し、そこで発行された受理票を債権者に対して郵送した後は、各債権者が債務者に対して取り立てを行なうことはできなくなります。

調停委員の選定

調停委員は簡易裁判所によって選任されます。

弁護士や有識者が選任されますが必ずしも専門家が選ばれるわけではありません。

調停成立に向けた協議

裁判所から各債権者へ通知を行なった1~2ヶ月後に裁判所にて最初の調停を行なっていくようになります。

調停は、調停委員が債務者と債権者の間に入って行われます。

申立人は、何度か裁判所に足を運ぶ必要があります。

双方が合意し、和解が成立すれば、調停調書をまとめていきます。

返済の実行

調停調書、または決定書が作られ、裁判所から送られて来ますので、そこに記載されている合意内容に沿って、返済を行なっていくようになります。

調停調書や決定書は、確定判決と同じ効力があるので、これは必ず守らなければなりません。

(守らなければ、財産や給料などを差し押えらえることがあります)

また特定調停と似ているけれども、裁判所を通さずに行なう任意整理という手続きもありますので、ご参考にして下さい。

任意整理とは

債務整理のどの方法で手続きが良いか、迷っている方は一度、法律の専門家に無料相談という形で聞いてみるのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。