個人再生で官報に掲載されるタイミングはいつ頃?

個人再生をすると官報という国の広報誌に個人情報(氏名と住所)が掲載されてしまいます。
(自己破産でも同様です)

ここでは個人再生で、具体的に、いつ頃、どのタイミングで官報に掲載されるのか解説をしていきます。

官報は、一般の人が目にすることはまずありませんが、一度、掲載されると半永久的にその記録が残ってしまうので、それを避けたいという方も多いです。

実際、法律の専門家に相談をすれば、官報に掲載されない方法で借金問題を解決できることもあります。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

個人再生で官報にのるタイミング

個人再生で官報に掲載されるのは3回となっています。

官報については、こちらの記事でも詳しく説明していますが、

官報とは?債務整理との関係は?

簡単に言えば、行政機関の休日を除いて毎日発行される国の広報誌です。

普通の人は、官報を目にする機会はまずないので、官報に記載されたからといって、家族や会社の人に、個人再生をしたことがバレることはまずありません。

1回目:個人再生の開始決定後

個人再生は管轄の地方裁判所を通じて行なうようになるので、まず申立てをするための書類を揃えます。

裁判所に書類を提出して、再生手続きを行なうことが認められれば、それから約2週間後、官報に名前と住所が掲載されます。

そこで、個人再生の手続きが告知され、債権者へ、債権届け出の提出を呼びかけるようになります。

2回目:再生計画案の書面決議の決定後

債権届け出が来たら、認否を行ないながら調整をしていきます。

その内容に基づいて、再生計画案を作成し、それが書面決議されたら、そこから約2週間後に、官報に公示され、債権者からの意見や反対があるかを待ちます。

3回目:再生計画認可決定後

再生計画案が、認可された約2週間後に、3回目の官報への掲載がされます。その後、2週間が経過したら、認可が確定されることになります。

そして、確定日を含む月の翌月から、再生計画案に基づいて、借金の返済が開始されます。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

個人再生の手続きは、かなり複雑になっていますので、具体的に検討をされている方は、弁護士や司法書士に相談されるのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。