過払い金とは

過払い金とは、消費者金融やカード会社に対して、本来払う必要がなかったのに払ってしまったお金のことを言います。

なぜ、過払い金が発生するのか?

貸金業者が守るべき法律の中には、出資法と利息制限法というものがあるのですが、元々、上限とされる利息の金額が違っていました。

元々、出資法では、上限金利は29.2%とされていました。

しかし、利息制限法では、上限金利は以下のように定められています。

100万円以上:15%
10万円~100万円未満:18%
10万円未満:20%

つまり、この出資法で決められていた上限金利29.2%と利息制限法で決められた上限金利(15%~20%)の間が、グレーゾン金利と呼ばれ、過払い金の対象となっているのです。

過払い金が発生するようになった経緯

元々、2006年以前は、消費者金融やクレジットカード会社では、このグレーゾーン金利での貸し出しが普通のように行われていました。

しかし、2006年1月に最高裁で、グレーゾーン金利は認めないという判決が出てから、状況が一変します。

2006年12月には貸金業法と出資法が改正されて、段階的に実施されるようになります。

そして2010年6月には、改正貸金業法が完全施行されることによって、グレーゾーン金利が完全撤廃されることになりました。

ですから、2006年~2010年より前に借入を行なっていた方であれば、利息制限法の上限を超えた金利で、利息を払っていて過払い金が発生している可能性が高いということになります。

過払い金を取り戻すには?

過払い金を取り戻す手続きを、過払い金返還請求と言います。

この手続きを行うためには、まず、貸金業者に取引履歴の開示を要求し、引き直し計算をして、過払い金がどれくらい発生するか調べる必要があります。

ただ、貸金業者も出来るだけ、お金は払いたくないので、取引履歴もなかなか送ってくれない場合もあります。

また取引履歴を入手した後も、引き直し計算を行うのはかなり面倒です。

さらに、貸金業者との交渉のやり方によって、和解して取り戻せる金額は随分違ってきます。

消費者金融への過払い金請求、自分でやるとどうなる?

ですから、過払い金返還請求を得意としている弁護士や司法書士を通じて行なう方が、手間が省けますし、より多くの過払い金を取り戻すことが可能となります。

過払い金の返還請求はお早めに

過払い金の平均額は、一人につき82万円という話もあります。

ただ、過払い金が請求できるのは、最後の取引を終えてから、10年以内という条件があるため、早く手続きを行わないと時効が成立する可能性が高くなってしまいます。

払い過ぎた金利、えっ、期限切れ間近ってマジ?

思い当たる方は、出来るだけ早めに弁護士や司法書士に相談をして下さい。

コメントは受け付けていません。