任意整理の費用を分割払いすることは可能?

任意整理は、自己破産など他の債務整理の手続きに比べると安い費用で来ますし、着手金0で行えるところも多いですが、それでも、最低限の費用は掛かってきます。

当然、任意整理の費用が払えないのではないかと不安に思う方も出てきますが、法律事務所によっては費用の分割払いに応じているところもあります

このように無料で法律の専門家に何度でも相談できるサービスを利用すれば、事前に費用の支払いについてもじっくり確認をしていくことが可能です。

【相談無料】借金をどれだけ減らせるか確認をしてみる

任意整理でトータルで掛かる費用

任意整理を行った場合の費用は、こちらにもまとめていますが、

任意整理の費用の相場

着手金+基本報酬(解決報奨金):1社あたり2~4万円
減額成功報酬:減額分の10%
過払金返還成功報酬:取り戻した金額の20%

という相場になっています。

どれくらいの債務を抱えているかにもよりますが、トータルで掛かってくる弁護士費用(司法書士費用)は、20~30万円ぐらい掛かってくるケースが多いです。

また、弁護士よりも司法書士に依頼をした方が費用は安くなる傾向があります。

分割払いをする時の流れ

任意整理の費用が高くて払えないという場合は、法テラスの法律扶助制度を利用する方法もあります。

これは、法テラスが法律事務所に費用を立て替えて払ってくれて、その後に法テラスに対して分割で支払いをしていくというやり方です。

ただ、この制度を利用するには、法テラスが定める収入条件を満たさないといけませんし、法テラスと提携している弁護士事務所や司法書士事務所を利用する必要があります。

その一方で、法律事務所の中には、後払いや分割払いにも対応してくれるところは多いですし、その場合であれば、収入の条件に関係なく利用できるので安心です。

任意整理をする場合、着手金以外の費用は、和解後に発生するものですが、分割払いを行なっている弁護士事務所では、積立金制度を採用しているケースが多いです。

任意整理は、弁護士や司法書士に依頼をすると、受任通知が貸金業者に対して送付されますが、その段階で、取り立てだけだけでなく、月々の返済もストップします。

そこから和解に至るまでの平均的な期間は3~6ヶ月となっていますが、その間、貸金業者にお金を返済する必要がなくなるので、その分を弁護士や司法書士への費用の充てていくというのが、とても効率的な支払い方法だと言えます。

逆に、和解が成立してから、弁護士費用などを支払い始めてしまうとなると、貸金業者への返済と弁護士費用が重複してしまって、支払いが非常にキツくなってしまいます。

任意整理をする場合は、和解後の返済計画だけでなく、弁護士費用の支払いプランもしっかり立てた上で、検討していくようにしましょう。

依頼する事務所を比較して決める場合は、ただ費用が安いところだけを探すのではなく、支払い方法を柔軟に対応してくれるところを選ぶことをオススメします。

コメントは受け付けていません。