戸籍謄本に借金した事実は記載される?

債務整理を行なう場合、戸籍謄本にまで借金をした事実が記載され、後々にまで記録が残り続けるのではと心配される方もいらっしゃいます。

債務整理は、いくつかの段階に分かれますが、一番、社会的ダメージが大きいのは、やはり自己破産です。

しかし、自己破産をしたとしても、戸籍謄本に借金について記載されることはありませんので、ご安心下さい。

もちろん住民票に記載されることもありません。

そもそも、自己破産は、借金まみれで、人生どうしようもならなくなった人が、社会的に再出発をしていくための救済措置です。

そういった観点でも、戸籍謄本に傷をつけて、その人を再出発を妨げるようなことはないのです。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

債務整理を行なった場合に残る記録

その一方で、債務整理を行なった際には、どのような記録が残るのか整理しておく必要があります。

任意整理、個人再生、自己破産など、どんな債務整理の手続きを行なった場合でも、信用情報機関にその事故情報が登録されてしまいます

その後、新たなに借入れを行なおうとした場合、銀行や消費者金融などの貸金業者は、信用情報機関の情報を必ず照会するようになるので、そこで審査に落ちてしまうことになります。

ただ、そこでの事故情報は、一生残り続ける訳ではなく、債務整理の種類にもよりますが、5~10年間経てば消えるようになります

自分が債務整理を行なった記録が残っているかどうかを知りたい場合は、信用情報機関に開示請求を行うことによって、調べることが出来ます。

信用情報機関一覧と情報開示について

書類上の手続きについて

では、債務整理の書類の手続きをする際、戸籍謄本は必要なのでしょうか?

裁判所を通す場合、すなわち特定調停、個人再生、自己破産の場合は、提出書類として、戸籍謄本が必要です。

また、戸籍謄本は、裁判所に提出する際、3ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。

弁護士や司法書士の方と相談し、手続きを進めて、裁判所へ書類を提出する段階に至るまで、時間が掛かってしまうので、あまり早く取り過ぎないように注意しましょう。

自己破産の相談について

また、債務整理の中でも、任意整理は、裁判所を通さずに、弁護士や司法書士の方と債権者とのやり取りで手続きが進みますので、その場合、戸籍謄本などの書類は、基本的に必要ありません

そういった意味で、任意整理は、比較的負担が軽い手続きだと言えます。

任意整理と自己破産どちらがいいの?

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

借金の状況によっては、個人再生や自己破産など、複雑な手続きは取らずに任意整理で十分解決できる場合もありますので、詳しくは法律の専門家に相談してみて下さい。

コメントは受け付けていません。