過払い金の原因

過払い金は、なぜ発生するのか、その原因のメカニズムを簡単に説明していきます。

過払い金が発生する原因

過払い金が発生する理由は、一言で説明すると、金利を定める法律には、出資法と利息制限法の二つがあり、そこに上限金利の差額が生じていたからということになります。

ちなみに、出資法の上限金利は、以前、29.2%となっていました。

それに対して、利息制限法の金利は、借入金額に対して、以下のように決まっています。

10万円未満→20%
10万円~100万円→18%
100万円以上→15%

実は、昔、多くの貸金業者は、出資法の上限金利29.2%で、お金を貸していました。

その理由は簡単です。

利息制限法を超える利息であっても、出資法の上限金利を超えない金利で融資を行っても、法律的に罰せられることはなかったからです。

罰則規定がなければ、当然、貸金業者は、高い金利を選びますよね。

利息制限法の上限金利より多く、出資法の上限金利以下の金利をグレーゾーン金利と読んでいますが、この金利で融資を行っていた利息と、利息制限法に基づいた本来の利息の差額が過払い金とういことになります。

このような差額が生まれていたことが、過払い金の発生した原因なのです。

過払い金は積極的に返還請求をしていきましょう

しかし、2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行され、グレーゾーン金利が撤廃されました。

ただ、過払い金があっても、気が付かないことも多いですし、債務者が請求をするまでは、債権者もダンマリしています。

過払い金に関しては、過去10年までさかのぼって返してもらえるようになっていますが、その時効を過ぎれば、過払い金の返還する請求権が消失します。

ですから、債務者がそのことに気づかず、時間が過ぎ去っていくことを貸金業者は願っているところがあります。

過払い金の時効について

ですから、思い当たる方は、どんどん弁護士や司法書士の方に相談して、過払い金を取り戻すようにしていきましょう。

コメントは受け付けていません。