借金返済の保証人と連帯保証人でどう違いますか?

友人から頼まれて借金の連帯保証人になったのですが、その友人が返済返済に苦しんでいるという相談を受けました。

保証人ではなく、連帯保証人である場合は、やはり大変なのでしょうか?

保証人よりも連帯保証人の方が責任は重たくなりますが、主債務者が、自己破産など返済不能に陥ってしまった場合は、どちらの場合でも確実に返済義務が発生してしまいます。

保証人と連帯保証人はこんなに違う

今回、ご相談に来られた方は昔からの親友から切にお願いをされて、連帯保証人(連帯債務者)になってしまったとのことでした。

その友人は、借りたお金で、ビジネスを立ち上げたのですが、経営がうまく行かずに、倒産の危機にあり、本人も自己破産をするかもしれないという話をしていたそうです。

お金を借りる際、保証人または連帯保証人を求められる場合がありますが、保証人よりも連帯保証人の方が、責任は重たくなります

その理由は、連帯保証人は2つの権利を持つことが出来ないからです。

催告の抗弁

保証人である場合は、債権者が借金の返済を要求してきた時、まずは主債務者に請求をするよう主張して、返済を拒否する権利があります。

しかし、連帯保証人はその権利がありません。

検索の抗弁

保証人である場合は、主債務者に給与や財産がある場合は、強制執行することによって、差し押さえをして、そこから支払いをしてもらうよう請求することが出来ません。

しかし連帯保証人は、この権利も持っていません。

ですから、たとえ、主債務者に支払い能力があったとしても、支払いの義務が発生してしまうケースがあるのです。

さらに、保証人の場合であれば、複数いた場合は、返済額を頭数で割り、その分だけを支払えば良いのですが、連帯保証人の場合は、たとえ複数いても、全額に対して責任を持つということになります。

主債務者が自己破産をした場合は?

主債務者に返済能力がある場合は、保証人は、上記の二つの権利を持って、返済を免れることが可能になってきます。

しかし、主債務者が自己破産をして、返済能力を失ってしまった場合は、保証人、連帯保証人、関係なく借金返済の義務を負うようになってしまいます。

また、保証人(連帯保証人)に請求が行く場合は、貸金業者からは、一括請求されてしまうケースが多いです。

これは、主債務者が債務の滞納を繰り返していく中で、期限の利益を喪失してしまっているためです。

そうなってしまうと、分割返済も難しくなくなり、一括返済が難しければ、法的措置になってしまう場合があるからです。

返済ができない場合の対処法

一括返済が難しい場合は、弁護士や司法書士に相談をしながら、任意整理という形にして、分割返済をしていく方法があります。

また、それでも支払いが難しい場合は、個人再生や自己破産という手続きを取らざるを得なくなってしまいます。

ちなみに家族が勝手に自分を保証人(連帯保証人)にしていた場合は、こちらの記事をご参考にして下さい。

親が勝手に借金して保証人が自分になっていたら?

保証人や連帯保証人にはならないことが望ましいですが、やむを得ない事情でなってしまい、トラブルに巻き込まれそうになった場合は、気軽に法律の専門家にご相談下さい。

コメントは受け付けていません。