総量規制で借金返済に困ったら?

消費者金融からお金を借りる場合、貸金業法によって、年収の三分の一までしか借りられない総量規制というルールがあります。

サラリーマンの方で、総量規制の壁にぶつかって、新たな借金が出来なくなり、借金返済に困った場合、借り換えや一本化によって、借金をまとめようとしたり、闇金などアンダーグラウンドの世界に入ろうとしたりする人がいます。

しかし、それよりも、任意整理など債務整理を行った方がはるかに楽チンなので、一度、法律の専門家に相談をしてみて下さい。

【匿名・無料で相談可能】街角相談所-法律-

総量規制でも借りられるところは?

私のところに相談に来られた方で、アコムやプロミスなど、複数の消費者金融からの借金が膨らみ、借入可能額がどこもゼロになってしまった方がいました。

新たな消費者金融からはもう借りれなくなってしまった段階で、総量規制が原因になっていることを知り、総量規制の対象外である銀行系のおまとめローンで借金の一本化をしようとしたのです。

初めは、東京スター銀行やりそな銀行などメジャーなところで申し込んだのですが、審査に通らないので、地方銀行など、金利が安くて、審査が甘いと思われるところへいろいろ申し込んでみましたが、それでもダメでした。

実際、複数の消費者金融からお金を借りていると、やはり危ない人だと思われてしまうので、審査は必然的に厳しくなってしまいます。

その一方で、アコムから、おまとめローンをやらないかというお誘いを受けたというのですね。

実は、消費者金融でも、借金返済が目的という形であれば、総量規制による限度額を超えていても、お金を借りることが出来るようになっているんです。

しかし、これらの方法は、はっきりいって全然オススメできません。

おまとめローンではなく債務整理にした方がよい理由

まず、銀行系のおまとめローンですが、基本的に保証人が必要となってしまうので、万が一、そこで借金返済ができなくなってしまうと、保証人に借金の返済義務が発生してしまいます。

借金返済に苦しんでいる人の保証人になってくれる人自体、なかなか見つけづらいですし、それでも信頼をして保証人になってくれた超善良な人を最終的に裏切るというのは、まさに恩を仇で返すことになってしまいます。

また消費者金融系のおまとめローンは、保証人なしでも申し込むことが出来ますが、ちょっと金利が引くなるぐらいで、新たな借り入れは出来ないので、はっきり言って意味がありません。

そうであれば、債務整理を行なって、借金を減額にしたり、チャラにしてしまったりした方が、すっきりと借金完済に向けた道筋をつかむことが出来ます。

そもそも債務整理の場合は、おまとめローンのような金利自体がなくなるので、借金の負担の軽減度は計り知れません。

消費者金融からの借金であれば、保証人がいないので、債務整理を行っった場合でも、誰にも迷惑を掛けずに、借金問題を解決することが可能です。

テレビやCMでおまとめローンの話を聞いていて、そっちの方がいいかなあと思っている人にとってはにわかに信じがたい話かもしれません。

ですからその場合は、一度、法律の専門家に聞いてみれば、よく分かりますし、無料で何度も質問をすることが出来るので、是非、気軽に確認をしてみて下さい。

コメントは受け付けていません。