無職で借金の返済が難しい時に切り抜ける方法

消費者金融やカードローンの借金がある状態で無職になってしまい、返済不能になってしまと、もう死ぬしかないと思い込んでしまう人もいます。

そういった債務を抱え過ぎて、まったく希望が見えないという方でも、法律の専門家に無料で相談できるサービスを利用することによって、借金問題を解決している人が実は続出しています。

【無料相談】街角相談所-法律-

無職になったら催促の嵐

私のところへ相談に来られた方の中にも、勤めていた会社が倒産をしてしまい、職を失ってしまった方がいらっしゃいました。

新しい仕事を探している間、失業手当で何とかやりくりをしていましたが、消費者金融からの借金の返済が難しくなり、滞納するしかない状況に追い込まれていました。

失業手当があれば、まだ良いですが、アルバイトなどで社会的な保障が一切ない状態で、うつ病や事故に遭ったり、病気で入院いたりして、まったく働けない状態になり、一円も払えなくなってしまう方もいらっしゃいます。

その場合、すぐに返済不能となりなり、催促や取り立ての連絡がガンガン来るようになってしまいます。

そういった状態になってしまうと、益々ストレスがたまって、仕事探しどころではなくなってしまうところがあります。

法律の専門家に早く相談をした方が良い理由

無職だとお金がないので、自分で自己破産などの手続きをしようとする人がいますが、その場合は、書類の手続きがムチャクチャ大変ですし、書類を揃えて、裁判所に申立てを出すまでは、取り立てや催促が続いてしまいます。

それこそ、取り立てのプレッシャーと書類準備の手間で、新しい仕事を探すどころではなくなってきてしまいます。

ですから、そんな時は、早めに弁護士や司法書士など法律の専門家に相談をしてしまう方が早いです。

その理由は、依頼をすることを通じて、催促や取り立てをすぐにストップすることが出来るからです。

今回、ご相談があった方も、弁護士に依頼をすることを通じて、貸金業者からのプレッシャーから解放されて、難しい書類の手続きも、すべて弁護士に丸投げすることが出来ました。

その間に、日雇い労働から最初は励んだりしながら、また新しい就職先を探すことに集中することが出来たのです。

少しでも収入の見込みが立ってくれば、自己破産という形を通さなくても、任意整理という手続きも可能となってきますし、高い金利で払い過ぎていた利息があれば、過払い金という形で借金を大幅に減額することも可能となります。

【無料相談】街角相談所-法律-

無職になってしまった場合は、出来るだけ早く法律の専門家に依頼をして、すべてお任せをしている間に、新しい仕事探しに是非、集中していって下さい。

コメントは受け付けていません。