借金の効率的な返し方

消費者金融などから借金が膨れ上がり、月々の返済額が家計を圧迫するようになってしまうと、どうやって借金を返していければ良いのか、途方に暮れたり、パニックになったりすることがあります。

副業やダブルワークなど収入を増やして、利息が付く前に返済する方法もあれば、おまとめローンや一本化など、金利を下げることによって、返済しやすくする方法もあります。

しかし、やはり最も効率的な返し方は、債務整理によって、借金を直接減額したり、金利をゼロにしたり、場合によっては借金チャラにするというやり方です。

もちろん、これは違法でも何でもなく、弁護士や司法書士を通じて行う極めてまっとうな方法です。

なかなか信じられない方は、実際に法律の専門家に相談をして、直接、確認をしてみて下さい。

自分の借金を効率的に返す方法を確認してみる

まとめローンや一本化のデメリット

借金の効率的な返し方といって、一般的によく紹介されているのは、銀行系のおまとめローンなどを利用して、低金利ところに借り換えをして、複数の借金を一本化していくという方法です。

ただ、この方法は、やり方が甘いです。

実際、審査は、甘いという訳ではなく、保証人が必要になったりと、逆に厳しくなるのですが、この方法が甘いというのは、金利が掛かってしまうからです。

もちろん、消費者金融の高い金利から比べれば、低く見えますが、債務整理の観点から見れば、詐欺みたいな金利です。

借金の利息を止める方法

借金を効率的に返していく上で、一番大切なポイントになってくるのは、いかに余計な利息を払わずに済むかということです。

借入金額が膨らむと、返済をしていても利息だけ払う状態になってしまって、元本がほとんど減らなくなってしまいます。

リボ払いとかして、最低返済額で返していくのは、一番、非効率的なやり方です。

さらに延滞や滞納をしてしまうと、損害遅延金などが掛かり、利息はさらに上がって、借金返済のメドがまったく立たなくなってしまいます。

債務整理とは、最低でもこの利息をカットすることによって、借金を一気に完済するというやり方です。

よく「まずは、利率の高いところから集中して返していくんだよ。そんなの子供でも分かる話だろう。」と話す人もいますが、債務整理の手続きは、そこからもっと進んでいます。

例えば債務整理の任意整理という方法であれば、消費者金融と片っ端から交渉をして、これから掛かる金利をカットするだけでなく、過去に払い過ぎた利息があれば、過払い金として取り返すことも出来ます。

債務整理であれば、他のどの方法よりも、早くそして楽に完済をすることが可能です。

借金は放っておけば、どんどん金利で膨らんでしまうので、効率よく返済していくためにも、まずは一日でも早く専門家に相談をしてみて下さい。

コメントは受け付けていません。