キャッシングの借金で返済に困ったら

消費者金融などのサラ金やクレジットカードからキャッシングが重なり、返済が難しくなると、人生オワタと絶望する方もいらっしゃいます。

しかし、そんな方でも、法律の専門家に返済のアドバイスを受けて、借金を減らすだけでなく、逆に貯金を作っていく生活に切り替えていくことが出来るんです。

キャッシングによる借金の額を減らす方法を確認してみる

生活費が足りないからキャッシング

私のところに相談に来た方で、生活費が足らないので、消費者金融からキャッシングを始め、クレジットカードのキャッシング枠も使うなど、複数の貸金業者からお金を借りている内に返済が難しくなってしまった女性の方がいらっしゃいました。

最初は、友人へ20万円、お金を貸したけれども、返してくれなかったことがきっかけだったそうです。

給料が少ないと、最初に借りたキャッシングの金額が少なくても、給料日が間に合わずに、返済をすることが出来ず、別のところから借りて、どんどん借金が膨らんでいく場合があります。

さらに、その方は、キャッシングの限度額に達してしまい、返済をするしかなくなったのですが、返済をしようとすると、光熱費や家賃の支払いが出来ない状態になってしましまいた。

結局、滞納している内に、催促状がバンバン来るようになり、人生終わったと絶望してしまっていたのです。

キャッシングの借金を一気に解決

キャッシングの借金が残っていると、住宅ローンなどを申込む際も審査が厳しくなってしまいますし、借金を抱えたままだと、結婚も難しくなってしまいます。

キャッシングによる借金は、厄病神みたいなものなので、そういった厄病神は一日でも早く追っ払うようにしましょう。

おまとめローンという方法も思いつくかもしれませんが、金利が多少安くなるくらいで、逆に返済期間が長くなってしまうケースも多いです。

そんなチンタラしたやり方よりも、債務整理という形で、一気にケリを付けた方が、早く借金生活とおさらばすることが出来ます。

任意整理という手続きであれば、高い金利を払わなくて済むようになりますし、月々の返済額も減らすことが出来るので、借金の元金をガンガン減らして、近い将来に貯金をしていくことも十分可能になってきます。

もちろん、お金がないのに弁護士や司法書士に相談をするなんて出来ないという思う方もいるかもしれませんが、法律事務所によっては、分割払いに応じてくれたりする場合もあるので気軽に相談してみましょう。

実際、債務整理をせずに、そのまま払い続ける利息や、おまとめローンで一本化した場合に払い続ける利息などの方が、弁護士や司法書士に支払う費用よりも、はるかに高くなります。

余計な出費は出来るだけ減らすことが出来るよう、早めに法律の専門家に相談するようにして下さい。

コメントは受け付けていません。