多重債務や生活苦からの脱出方法は意外と簡単!?

多重債務や生活苦になり、夜逃や自殺をしてしまう方は実はかなりいらっしゃいます。

リストラや病気などをきっかけにして、借金が増えてしまうと、それで、もう再起不能だと思ってしまう方が多いようです。

しかし、どんなに借金が膨らんでも、実は、法的な手続きによって、意外と簡単に借金を減らすことが可能です

もちろん、これは決して、気休めでなく、極めて具体的で現実的なお話です。

まずは、こういうサービスを利用して、具体的にどれくらい借金を減らせるか分かれば、自殺や夜逃げやいかに馬鹿げた方法であるかということが分かって頂けると思います。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

多重債務や生活苦からの間違った脱出方法

日本では、解雇や倒産などをきっかけにして、経済的に厳しくなって多重債務や生活苦に陥り、自殺をしてしまう人がたくさんいらっしゃいます。

死という選択肢が多重債務や生活苦からの究極的な脱出方法だと間違って認識されているからなのかもしれません。

また多重債務で苦しんで、夜逃げをする人もいます。

借金の時効が来るまで、逃げ切ろうとする人を時々見かけます。

しかし、時効の中断なんか簡単に出来ますから、時効の援用は失敗に終わる確率が極めて高いです。

また逃げ回っている期間は、住民票を残したままにしておかなければいけないので、生活上の不便も極まりなしです。

借金から逃げても、デメリットの方が圧倒的に多いのです。

多重債務や生活苦から逃げ出せる方法は、いろいろありますが、このような間違った方法は選ばないようにして下さい。

脱出するのは意外と簡単!?

実は、多重債務で生活苦になった場合でも、債務整理であれば借金地獄から劇的に脱出することが出来ます

自己破産も債務整理の内の一つですが、多重債務で生活苦になった方の中には、自己破産をすることも結局は、逃げることになるのではと考える人もいます。

しかし、決してそうではありません。

自己破産は、生活を立て直していくために合法的に定められた手続きだからです。

それでも自己破産をしたら、周りの人に迷惑を掛けてしまうからイヤだという方もいらっしゃるかもしれません。

そういった場合は、任意整理という形で、借金の負担を軽くしながら、確実に完済していく方向性で手続きを行なうことも可能です。

他にも、多重債務や生活苦の状態を脱するために、借金の一本化、おまとめローン、副業、水商売など、いろいろな方法を考える人もいます。

しかしそういった方法は、金利が高かったり、肉体的に負担が大きかったりどデメリットも多いです。

そのような意味で、債務整理が一番、簡単で効率的な解決方法だということが出来ます。

多重債務や生活苦の状態にハマってしまうと、先が見えなくなって不安を感じるものですが、具体的な解決方法を早く見つけて、希望を見い出せるようになることを願っています。

コメントは受け付けていません。