借金返済の解決法@自己破産とは

借金返済が難しいけれども、自己破産をすれば信用が落ちてしまったり、迷惑が掛かったりしてしまうから出来ないと悩んでいる方がいます。

確かに、場合によっては自己破産をしない方が良いケースもありますが、それは弁護士や司法書士に相談をしてみないと分からないことも実際多いです。

判断が難しい時は、このような無料相談が出来るサービスを利用してみるのが良いです。

あるいは、自己破産以外で借金返済を効率良く出来る方法を紹介してもらえることも出来ますので気軽に相談してみて下さい。

【相談無料】自己破産が良いか、他の方法が良いか診断をしてみる

自己破産の条件とは?

私が働いていた弁護士事務所に相談に来られた方で、ギャンブルにのめり込んでしまって、消費者金融数社から300万円以上の借金を抱えてしまった人がしました。

その方は、浪費やギャンブルが借金の理由になっていた場合は、自己破産をしようとしても免責されずに借金がチャラにならず一生その借金からは逃れることはないと言われて落ち込んでいたのです。

そういった間違った情報を信じ込んでしまって、借金地獄から抜け出すことが出来ずに、悩んでいる人が多いのは本当に残念なことです。

確かに、借金の理由によっては免責不許可事由に該当してしまうこともありますが、裁判所にしっかりと事情を説明していけば裁量免責という形で、免責が認められるケースがほとんどです。

もちろん、免責不許可事由になっていたり、必要以上の財産を持っていたり、管財事件として扱われ、予納金を50万円以上(弁護士を通じて行えば20万円以上に)払う必要も出て来ます。

しかし、借金の理由に問題がなく、財産もほとんどない場合は、同時廃止ということで、簡単に自己破産の手続きを行なえます。

基本的には、収入がないなど、借金返済が不可能だと裁判所から認められれば、誰でも自己破産を行なうことは可能です。

保証人に迷惑をかけなくない

自己破産をするべきか迷っている人の中には、自己破産をすると保証人が自分の借金の返済義務を負うようになり、迷惑が掛かってしまうことを恐れる人がいます。

確かに、奨学金などは保証人がいるので、自己破産をすれば、保証人に迷惑を掛かってしまうようにはなります。

そういた場合は、全ての債務が対象となる自己破産ではなく、整理する債務を選べる任意整理という手続きもあります。

この方法であれば、保証人に一切、迷惑をかけないで、手続きを行なうことが出来ます

何を言いたいのかというと、借金返済の問題を解決するためには、いろいろな方法があって、どんな状態にあっても、必ず借金問題は解決できるってことです。

大切なことは、中途半端で間違った情報に振り回されるのではなくて、法律の専門家にキチンと相談をして、最善の解決法を見つけていくってことです。

こちらのサービスでは、無料で何度でも相談をしながら、自己破産をするのが本当に良いのか、あるいは借金をどれくらい減らせるのか、具体的にアドバイスをしてもらえますので、希望を持って相談をしてみて下さい。

コメントは受け付けていません。