借金返済が出来ず法的措置を取られる前にやっておくべきこと

借金返済が出来ないと最終的には法的措置が取られてしまいます。

もちろん、すぐに法的措置が取られる訳ではありません。

ただ、支払いの催促が来ても、思いっきり無視していると、どんどん追い込まれてしまうので気を付けて下さい。

法的措置を受けると、給与が差し押さえられて会社にもバレてしまうなど、かなりヤバいことになります。

しかし、それでも、返済がどうしても難しくてお金が払えない時ってありますよね。

そんな時は借金を放置するのはなく、借金問題が深刻化する前に、法律の専門家に相談をして、早めに解決することをオススメします。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

借金返済が出来ない場合の法的措置の流れ

借金の返済が出来なくなった場合、一番良くないのは、踏み倒しや時効を狙ったりすることです。

消費者金融も、催促の電話をしたり郵送物を送ったりして、債務者がちゃんと答えてくれれば優しく対応してくれます。
(それでも減額はしてくれませんが・・・)

しかし、それを無視すると、徹底抗戦状態に入ってしまいます。

サービサーと呼ばれる債権回収会社に、債権譲渡をすることもあります。

それでも債権回収が難しいと感じた場合は、簡易裁判所を通じて、支払催促を行ないます。

そして、強制執行という形で、給与が差し押さえられたり、一括請求されたりしてしまいます。

もちろん、異議申立てを行なえば、通常の訴訟となりますが、消費者金融とまともに対峙するのは、子供が大人に戦いを挑むようなものです。

赤子の手をひねりつぶすように扱われたらたまったものではありません

借金返済は先手必勝

借金の返済は、虫歯やガンの治療と同じようなもので、放っておくと、取り返しのつかない状態となってしまいます

そこまで行ってから、何とかしようと思っても、後の祭りで、自業自得と言われても言い訳をすることが出来ません。

一度、裁判を起こされるなど法的措置が開始されてしまうと、後手後手に回ってしまうため、どんどん不利な状況になってしまいます。

ですから、そうなってしまう前に対処しておくことが大切なのです。

借金の返済がツライと感じたり、すこしでもヤバイなと思ったら、備えあれば憂いなしですので、早めに法律の専門家に相談をして下さい。

弁護士や司法書士に相談をするメリットはいろいろありますが、その中の一つとして依頼をすれば、貸金業者からの取り立てが一切ストップするので、法的な措置を受けるリスクがゼロになるという点です。

弁護士や司法書士は、貸金業者からの催促や取り立て、そして法的措置という攻撃を防いでくれる強力なバリアだと思って頂いて大丈夫です。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

何事も、先手必勝ですので、借金返済不能になって法的措置を受けそうだと感じるようになったら、早め早めに対処して、最悪の事態を防いでいきましょう!

コメントは受け付けていません。