賢い借金返済方法@効率良くお金を返す究極のやり方とは?

賢い借金返済方法と言われても、何か難しい話に感じてしまう方も多くいらっしゃいます。

実際、膨らんでしまった借金を効率的に減らしたいと思っても、やみくもにやっていては一向に減らない場合がほとんどだからです。

「自分は借金返済に無知だから、賢い返済方法なんて分からない」と諦めてしまう方もいらっしゃいます。

しかし、法律の専門家から、アドバイスを受ければ、一番賢い借金返済方法を見つけていくことが十分可能です。

借金をどれだけ減らせるかシミュレーションしてみる(所要時間:2分程度)

借金返済のドツボにハマる

私が働いていた弁護士事務所に相談に来られた方で、旦那さんが病気になり、そこから借金地獄にハマってしまった主婦の方がいらっしゃいました。

ご主人がかなり長い期間、働けなくなっただけでなく、多額の医療費が掛かってしまったことをきっかけにして、借金の返済が厳しくなってしまったのです。

住宅ローン、奨学金、モビット、プロミスの月々の返済額が重なり、まさに借金を借金で返す多重債務の状態になってしまっていたのです。

生活がぎりぎりになり、今の年収だと、人並みの生活ができなくなるので、夜に働いたりもしていたそうです。

しかし、体調が悪くなってしまったので、断念をせざるを得なくなってしまいました。

まさに借金返済のドツボにハマる典型的なサイクルに入ってしまっていたのです。

賢い借金返済方法を実践するためのポイント

賢く借金を返済するためには、以下の2つのポイントをクリアしていく必要があります。

  • 月々の返済額を減らしていく
  • 金利(利息)の負担を出来るだけ下げる

債務状況を整理して、借金計画書をエクセルなどで作ってみると分かりますが、この2点の課題を克服していかなければ、生活に余裕が生れません。

そして、いつまで経っても、元本を減らせず、完済までの道が見えて来なくなってしまうのです。

また、時々、ヤミ金からお金を借りてしまう方がいますが、それは一番、賢くないやり方ですので、絶対手を出さないようにしましょう。

債務整理が最も賢い方法だと言われる理由

債務整理の中で、任意整理という手続き方法があります。

この方法であれば、将来利息をカットすることによって、元本だけを返済していくことが可能となります。

おまとめローンなどの借り換えや一本化の方法では、金利をカットするなんてアンビリーバボーな話ですよね。

しかし、任意整理では原則として将来金利がゼロになるので、これが債務整理が究極の賢い借金返済の方法だと言われる所以です。

また、任意整理であれば、住宅ローンや保証人がいるので出来れば手を付けたくない奨学金などを整理する対象から外すことが出来ます。

相談に来られた主婦の方も、任意整理によって、月々の返済額をカットし、3年の借金返済計画を立てることに成功しました。

もちろん、住宅ローンや奨学金は整理する対象から外したので、誰にも迷惑を掛けることはありませんでした

さらに、任意整理は裁判所も通さないので、家族や会社の人など誰にも知られずに借金をスマートに整理出来るというメリットもあります。

その主婦の方も、それまでは、返しても返しても元本が減らない状況でしたが、任意整理後は、面白いように元本が減っていくようになったので、生活がグンと楽になったのです。

法律という武器を使うのが、賢い借金返済方法の究極的なやり方ですので、専門家に相談をしながら、是非、その方法を確認してみて下さい。

コメントは受け付けていません。